042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

わが家のリノベ物語 #10 HIKOの建材選び  “見せ場をつくるための基準を持つべし!”

リノベーションを成功させるヒント満載!
エイミー編集長の師匠である、建築士HIKOさん。
中古物件を自らリノベーションし、家族4人で暮らしはじめるも、
二度目のリノベーションをすることに!!
なぜ? どうして? どうなった?
家づくりのプロが、わが家に起こった物語をお伝えします。

#10 HIKOの建材選び  “見せ場をつくるための基準を持つべし!”

前回のお話では、『ヒアリング』で、好みのインテリアテイストやこだわりを伺い、お客さまが選びやすいベースをととのえてから仕様決めをする、という内容をお届けしました。 本日は、HIKOによる、建材選びの基準づくりについてのお話です。

HIKO:『間取り』と『インテリアテイスト』。一見、関係のないお話かなぁと思う方もいるかもしれませんが、私はひとくくりで考えています(※)。なぜかというと、インテリアテイストによって、お客さまが住まいに求める“見せ場”が違うと思うからです。

※生活動線や設備が新しくなっているなど、基本性能に対するご要望は別のお話です。

せっかくオーダーメイドでつくるわが家。テンションが上がるポイントが必要じゃないですか?

インテリアテイストによって“見せ場”のポイントは違うんです!

こちらは、重厚感や無骨さといった言葉で説明されることが多いヴィンテージテイスト。このような雰囲気がお好きなお客さまの建材選びの際は、室内窓を設置できる場所や足場板の飾り棚を設置するとかっこよくなるかも……なんていうことを思い描きながらプランを考えます。

こちらはシンプルで無機質、どこか合理的なイメージのアーバンモダンテイスト。この場合、間接照明の計画を同時に考えてみたり、すっきりした空間にするために必要量+アルファの収納計画をしてみたりします。

イメージのパース図からご覧いただくだけでも、見せ場が全然異なっていることがわかるかと思います。

HIKOハウスの基準とは?

とはいえ、あれこれ見てしまうと、ひとつのテイストに絞り込むのも難しいものです。だから、雑誌などを参考にしつつご自分がどのテイストのどんなところが好きか? をじっくりと考えて、「いいとこどり」するのも良いかと思います。

わが家の施主(=HIKO)が無駄に知識豊富ですので(笑)、細部まで、とにかくこだわりが強い。

例えば……

【取り入れたいインテリアテイスト】
*基本、ナチュラルに。
*甘めはイヤっ!
*ヴィンテージテイスト全開とまではいかないけれど、アイアンなどの好きな素材は取り入れたいい!
*レトロな感じも取り入れたい!

【見せ場】
①庭から見えるLDKは、キッチンの壁がアクセントに最適
②玄関はお家の顔だから、ここになにか良いアクセントを取り入れたい!

こんなかんじです。人には理解ができないかもしれない(笑)、私のこだわりを詰めこみまくりですが、わが家にとってはここが建材選びの基準になります。(でもいいんです、“好き”に囲まれて暮らしたいもんっ!!)

ということで建材選びの基準(=コンセプト)は、「ナチュラルな空間に少しのヴィンテージテイストとレトロなテイストを混ぜた空間」に決定!

実際に、ここまでを私が詰めてから家族たちの要望を取り入れていきましたよ(そこでまた、小さな施主たちがまたまた難題?をもってくるんですけれどね……)。

さぁ、次回は、(わが家のケースでは)核となった床材(フローリング)選びについてお伝えします。

この記事を書いた人

●建築士 HIKO

HIKO(ひこ)。東京都内に住むホームテックの建築士でありentrie編集長エイミーの師匠であり、2児の母。訳あって、二度目のリノベーション中。

 follow me on Instagram

↑こちらでリノベーション事例写真をご覧いただけます*。

entrie公式LINE@
下記のボタンから、「友だち追加」毎日更新中のLIFE STYLE MAGAZINE entrieやイベント情報を配信中♩
※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

友だち追加

エントリエはあなたらしさを応援するリノベーション会社です

私たちは、お客さまひとりひとりにとって「何が大切な時間なのか」を一緒に考え、それぞれに合うリノベーションをご提案しています。

だから、このライフスタイルマガジン エントリエも、“自分らしさ”への気づきを与えることができる発信の場として盛り上げていきたい、そんな思いで­­­つくっています。