042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

#11 HIKOの建材選び “わが家の肝はフローリング! 無垢材を選ぶワケ”

リノベーションを成功させるヒント満載!
エイミー編集長の師匠である、建築士HIKOさん。
中古物件を自らリノベーションし、家族4人で暮らしはじめるも、
二度目のリノベーションをすることに!!
なぜ? どうして? どうなった?
家づくりのプロが、わが家に起こった物語をお伝えします。

#11 HIKOの建材選び “わが家の肝はフローリング! 無垢材を選ぶワケ”

前回のお話では、わが家のインテリアテイストを「ナチュラルな空間に少しのヴィンテージテイストとレトロなテイストを混ぜた空間」に決定しました。本日は、フローリングの種類やHIKOファミリーが素材選びに考えたことをお伝えします!

HIKO:わが家が選んだお部屋のテイストは、ベースのテイストをナチュラル(イメージは無○良品)に。そして、良い塩梅でレトロとヴィンテージの味を足すのが目標。

ここまで決まれば次は、実際に使う建材です。ナチュラルな空間を表現するために私がこだわり、インテリアの軸にしようと決めたのはフローリングです(ここはもちろん、お客さまのお家によって異なります)。

理由は部屋の大部分を占めて、かつ気軽に交換できないから。

その前に……まずはフローリングの種類についてさらっと説明しましょう。

フローリング材は、大きく分けて2種類

①合板フローリング 

表面に木目シートや木を薄く割いたものを合板に貼り付けてあるフローリング。一般的に広く普及している材料。最近では無垢材を少し厚め(2mm程度)に割いた物を貼り付けた挽き板フローリングが人気。無垢材の足触りの感覚は、表面2mm位で十分感じ取れるそう。

②無垢フローリング 

木材そのものを製材しフローリングに加工したもの。樹種によってさまざまな質感が味わえる。

*針葉樹(ソフトウッド) 密度が低いのでやわらかく、節や木目がおおらかなのが特徴。傷が付きやすい。[おもな樹種 スギ、パイン、ヒノキ]

*広葉樹(ハードウッド) 密度があり硬く木目も繊細なのが特徴硬いので冷たい。[おもな樹種 オーク、チェリー、ウォールナット]

一度目のリノベーションで使用したフローリングは無垢パインフローリングでした。無垢フローリングの中でも安価で柔らかな木です。

この材を選んだ理由としては……

  1. わが家のマンションは1階。だけど、床暖房って……高いんです! ムリムリ! 
  2. 裸足で走り回る子供達にやわらかくて足触りの良い床にしたい!
  3. 無垢の床って素敵やんっ!!

そして結果は、大満足! まずペタペタしない、湿度がある時期でもカラッとして気持ちいい。そして、やっぱりあったかいんです。

冷えって足から上がってきますよね? 実は冷たい床に足を乗せると、体温を奪う元になります。でもパイン材は、空気を含んでいるので素材自体が冷たくなりにくく、足裏の体温を奪わないんです。

柔らかいので傷は沢山付きますが(笑)削れても、凹んでも下から出てくるのは同じパイン材。ずぼらな私は全く気になりません!! (無塗装品を選んだので施工後、自然塗料で着色塗装しました。)

二度目のリノベーションもやっぱり無垢材!

さて、これを踏まえ無垢材を選ぶことに。ただ、せっかくのリノベーション。印象もガラッと変えたいなぁ、と思ったんです。

それに一度目のリノベーション時は2号くんがまだ0歳。

柔らかくなくてもいいかなぁ……パインフローリングはもう経験したし、仕事柄少し変わった材も試してみたいし、普段あまりできない事がしたい!! ということで、前からいいなと思っていた無垢材を思い出しました。

『パーケットフローリング』

パーケットフローリングとは、木片を寄せ集めてつくられたフローリングのこと。これならナチュラルなイメージの中にアクセントを付けられます。

それにレトロな雰囲気も醸し出せる。絶対これだっ!!

思い立ったらさっそくサンプルをお取り寄せ。やってきたのはオーク材のパーケットフローリングです。

HIKO『かっ……かわいい』

思っていた通りのサンプルに、もうルンルンの私。

一応子どもたちにも見せよう〜っ、と軽い気持ちで1号くんに

HIKO『見てみてっ。これ今度使う床材なの。かわいいでしょ!(自慢げ)』

1号くん、おもむろにさわって

1号『えっ。ナニコレ。今までのと違うじゃん。なんか冷たいよ』
HIKO『今回はオークっていう木にしようかなと思って』
1号『冷たいのはヤダっ。ぼく今の床が気に入っているんだよ。あーちゃん家(実家)の床はいっつも冷たくって、だからぼくの家の床はあったかくって良かったって思ってたのに』

えーっマジですか。この歳にして違いの分かる男になっちまいましたか? 確かに私の実家は築20数年の戸建て。当時の主流だった合板フローリングです。

冷たいし、ペタペタするし……。あれはいやだよね。でも私のおススメはオーク材。それとは格段に違うけど、パインの良いところは踏まえてない。わかるよ、わかるけども。

でも、パーケット貼りは譲れない!! そして、プロ根性で1号くんが納得してくれるようなありとあらゆるメーカーを調べに調べ、スギのパーケットフローリングを見つけました。

やった!!と思ってサンプルをお取り寄せ。ついでにパインフローリングもお取り寄せ。違いの分かる男 1号くんに確認です。

HIKO『どっどお?(ドキドキ)』 
1号 『うーん……。これなら前の方がかっこ良かったけど?』
HIKO『えっ。でもこれもあったかいよ? ほらパインと比べてみて?』
1号『確かにあったかさは同じだね。だけどなんか違うよね? どうしてもHIKOさんはこの四角いヤツ(パーケット)の感じがいいんでしょ?』HIKO『うっうん。イメージは固まってきていてですね……(タジタジ)』
1号 『じゃあ……。リビングはこの前のフローリングでいいよ。その代わりぼくの部屋と2号の部屋はパインにして!!』

なっ! なるほど。その手がありましたか。それで納得頂けるのでしたら喜んで!!  と……1号君の譲歩とアイディアにより何とか一番大事なフローリングが決定したのでした。

フローリングも樹種やメーカーによって異なります。大きな面積を占めるものですから、これだけで印象がかなり変わります。それに私のように、マンションの1階ではない方にとっては、「優先したい機能性」は異なってくると思うんです。私たちは、それぞれの特徴を把握していますから、ご相談いただければ嬉しいです。

次回は建具選びです!

この記事を書いた人

●建築士 HIKO

HIKO(ひこ)。東京都内に住むホームテックの建築士でありentrie編集長エイミーの師匠であり、2児の母。訳あって、二度目のリノベーション中。

 follow me on Instagram

↑こちらでリノベーション事例写真をご覧いただけます*。

entrie公式LINE@
下記のボタンから、「友だち追加」毎日更新中のLIFE STYLE MAGAZINE entrieやイベント情報を配信中♩
※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

友だち追加

あなたのこだわりを刺激する、さまざまなLIFE STYLEを発信中!

わたしたちentrieは、多摩エリアをはじめ東京(西部)に根ざしたリノベーション会社です。お客さまひとりひとりにとっての“こだわり”や“あなたらしさ”への気づきを与えることができる発信の場としてLIFE STYLE MAGAZINE entrieを立ち上げました。