042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

#14 HIKOの建材選び “キッチンレイアウト”をどう考える?

リノベーションを成功させるヒント満載!
エイミー編集長の師匠である、建築士HIKOさん。
中古物件を自らリノベーションし、家族4人で暮らしはじめるも、
二度目のリノベーションをすることに!!
なぜ? どうして? どうなった?
家づくりのプロが、わが家に起こった物語をお伝えします。

#14 HIKOの建材選び “キッチンスペース”をどう考える?

前回は、「室内窓」選びのお話をしました! お部屋の見せ場も決まり、今回はリノベーションをするうえで気になる方も多い「キッチンレイアウト」のお話です。

HIKO:LDKのリノベーションをしよう! そう思い立ったとき、真っ先に思い浮かぶのは『キッチン』と答える方も多いかもしれません。実際に、建築士の仕事をしているとLDKの間取りの見直しを検討されるお客さまの多くはキッチン位置の変更をご希望されます。理由はさまざまですが、よく聞くものとしては……

  • キッチン周りの不足した収納を増やしたい
  • 子どもが小さいので対面キッチンにして様子を見ながら調理したい
  • 家事がしやすい動線の良い間取りにしてほしい

などがあげられます。最近のリノベーション施工事例を見るとキッチンを生活の中心として設計されているものもあるくらい、間取りを左右する位大切な場所です。

基本のキッチンレイアウトタイプ

まず、はじめにキッチンにはどんなレイアウトがあるのかご紹介します。

  • I型 


    一直線のカウンターでシンクとコンロが横並び壁に向かって設置したり、腰壁をたてたりして対面にもできます。

  • L型


    シンクとコンロをL字型に配置。短い動線で作業効率が良いといわれています。

  • 対面型

  • 広いワークトップカウンターで段差がない対面レイアウト。家族やゲストが自然と周囲に集うコミュニケーションがとりやすいプランです。そのなかにも、ペニンシュラ型(加熱機器の側面が壁に設置されている)とアイランド型(キッチンが壁面に接しておらず、キッチンの中央に島のように設置)があります。写真は、アイランド型になります。
  • 2列型(セパレート) 

  • コンロカウンターを壁面に、シンクカウンターを対面式に分けた開放的なレイアウト。シンクとコンロのカウンターを分けて設置することで、限られた間口でも対面式にできます。

キッチンのレイアウト、設置方法でさまざまな組み合わせが出来ます。とはいえ、設置場所の広さや間取りに合わせて決めていくので使い勝手などを考慮すると形状は絞られてきます。

HIKOファミリーが選んだキッチンレイアウトは

わが家ではどんなことを考えながら決めていったのか。まず、今回のリノベーションの目的は『子ども部屋を2部屋つくること』。その為に考えた間取りでは、元の場所からキッチンを移動する必要が出てきたため、移動場所は必然的に決まりました。

では、どんなレイアウトにするか。はじめに考えたのはI型のキッチンをリビングに向かって設置する壁付対面型。

悪くはありません。ただこれだと、現状と同じサイズのものしか設置できない(背面に食器棚を置けるスペースが出来るので夫くんの「今より使いやすく」という要望は叶いそうですが……)。

それにこのマンション、図の「PS」と書かれた部分に換気出口があるのです。この部分が最上階まで煙突のように続いているため、位置が変えられない。昔の換気扇の形状にあわせて出来ているので、1度目のリノベーション時に新しい換気扇が設置できるよう、板金で大きなBOXを取付ていたのです(赤線で囲った部分)。

やはり、これだと背面の収納よりも出っ張ってしまい頭が当たってとっても危険。

うーん…… BOXに対して直角にキッチンを設置しようとするとどう配置しても邪魔になってしまいます。だからといって、平行に設置したとしてもBOX部分にはコンロやシンクを配置できません。ましてや幅の広いキッチンを設置したらリビングまで侵食してしまう。

このように、マンション自体の設計や条件を洗い出すと次第に選択肢は絞られていきますね。そして、わが家は最終的に2列型のキッチンに行き着きました。

この形ならば換気BOXも頭に当たりません。予定していた設置場所にも納まり、収納場所も増やせる。今までなかったクローゼットが2箇所出来ました! 作業場所も増えるので、夫くんや子どもと一緒に作業ができそうです。

そして、キッチンの中で一番大きく、家族みんなが使うもの、なくては困るもの、それが冷蔵庫。以前は丸見えだった冷蔵庫には、今回は隠れてもらいました(笑)。キッチンプランを考える上で冷蔵庫君は天敵です。たまに存在を忘れてプランしてしまい、出来た! と思って見返して気づき「ガ~ン!!」となることもあります(もちろんお客さまに提案する前の話ですよ!)使いやすい位置に置くと生活感が出てしまうけど、奥に押し込むと使いづらい……。

でも今回はあえて奥に設置し、キッチンと冷蔵庫の間には壁を設けて存在感を消しました。理由は、壁を今回のもうひとつの見せ場アクセント壁にしようと思ったからです。

なんとかしっくりくるものが出来ました。これで、キッチンの“レイアウト”の決定です!

……そうです、決まったのは“レイアウト”だけ。キッチンの仕様がまだ決まっていません。キッチン本体や設備機器などをここから選ばなくてはいけません。次回は、「キッチン本体・設備機器」お話です。

この記事を書いた人

●建築士 HIKO

HIKO(ひこ)。東京都内に住むホームテックの建築士でありentrie編集長エイミーの師匠であり、2児の母。訳あって、二度目のリノベーション中。

 follow me on Instagram

↑こちらでリノベーション事例写真をご覧いただけます*。

entrie公式LINE@
下記のボタンから、「友だち追加」毎日更新中のLIFE STYLE MAGAZINE entrieやイベント情報を配信中♩
※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

友だち追加

エントリエはあなたらしさを応援するリノベーション会社です

私たちは、お客さまひとりひとりにとって「何が大切な時間なのか」を一緒に考え、それぞれに合うリノベーションをご提案しています。

だから、このライフスタイルマガジン エントリエも、“自分らしさ”への気づきを与えることができる発信の場として盛り上げていきたい、そんな思いで­­­つくっています。