042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

わが家のリノベ物語 #1 建築士 HIKOさんのこと

リノベーションを成功させるヒント満載!
エイミー編集長の師匠である、建築士HIKOさん。
中古物件を自らリノベーションし、家族4人で暮らしはじめるも、
二度目のリノベーションをすることに!!
なぜ? どうして? どうなった?
家づくりのプロが、わが家に起こった物語をお伝えします。

#1 建築士 HIKOさんのこと 

小さな頃、親から与えられたおもちゃはレゴブロックにパズル。ウルトラマンやスーパー戦隊(特にはまったのは「ダイナマン」だそう)が大好きで『僕と握手!!』に行くほど。大きくなったらアラレちゃんになりたかった、男勝りな女の子。

そんなHIKOさんが建築に興味を持ち、この業界に入ってからかれこれ20年。現在のリノベーション会社で建築士として働きはじめてからは、14年が経ちました。

HIKO:リノベーションの醍醐味は、なんといっても“出来上がった家を再構築できる”ということ。私は制約のあるほうが燃えるのです……!!

特に大好物は「狭小住宅』。読んで字のごとく、小さなお家のことです。小さなお家で育った私は大きな家に憧れ(というか、コンプレックスで……)、「大きな家を設計する」という夢を抱き建築士になりました。

でも夢が叶った今、どういうわけか「小さな家の魅力」に取り付かれているのです。限られたスペースの中でいかに豊かに暮らせるプランをつくり出せるか。それもリノベーションの場合は、すでに完成された建物の改築という制約が加わりさらにむずかしい……! だからこそ、しっくりくるプランが出来たときは「産まれた!」という感覚なんです。

こうやって、これまで数々のお客さまの家をつくってきたわけですが、どういうわけか自分の家となると・・・・。うまくいかない! そう、うまくいかなかったのです!

実は私、今回のリノベーションは二度目。(プロなのになんで!? と、思われる方もいるかもしれませんね)

今日からスタートするこの『家づくりのプロがリアルにつづる わが家のリノベ物語』では、そんな失敗談や2回目のリノベーションを通し、プロの建築士としてリノベーションのヒントをお伝えしていきます!

次回は、「物件購入」のお話。お楽しみに……!

この記事を書いた人

●建築士 HIKO

HIKO(ひこ)。東京都内に住むホームテックの建築士でありentrie編集長エイミーの師匠であり、2児の母。訳あって、二度目のリノベーション中。

 

あなたのこだわりを刺激する、さまざまなLIFE STYLEを発信中!

わたしたちentrieは、多摩エリアをはじめ東京(西部)に根ざしたリノベーション会社です。お客さまひとりひとりにとっての“こだわり”や“あなたらしさ”への気づきを与えることができる発信の場としてLIFE STYLE MAGAZINE entrieを立ち上げました。