042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

「高架下の色たち。」色はにほへと #4

建築士としてエントリエブランドのリノベーションを手がけるとともに、このウェブマガジンの編集長でもある、エイミーこと鈴木栄弥。このブログでは、カラーコーディネーターとして登場。快適で心ときめく住まいの要素として、欠かすことができない色にまつわる話を、自身の仕事や街の景色のなかから拾い上げて紹介していきます。ちなみに、本人が好きな色は、薄いピンクと赤。

 

#4「高架下の色たち。

ちょうど一年前くらい。
上野の美術館でクリムト展を観た後に。

歩いていたら、
さっき出会った色たちとはまるで違う世界だけど、
なんかいいなあと、引き込まれた世界。

看板も、ちょうちんも、自動販売機も、
ごきげんで鮮やかな赤色だ。

赤には食欲を増進させる効果があるんだっけ。
飲食店なんかは、デザインに赤を使うと、
売り上げにつながると聞いたことがある。

それに周りの無彩色のグレイの冷たさが、
余計に赤を恋しくさせる。

赤はポジティブなイメージが強いけれど、
安っぽい、危険、というマイナスなイメージもある。
それがここでは逆に、
なんだか魅力を与えている気がする。

そんなことを、やきとりをほおばりながら思った。

 

■今日の色たち

無彩色のグレイと有彩色の赤で、コントラスト配色。グレイは色味がないため、比較的どんな色でも引き立てます。ただ、明度が近い色同士だと馴染み、その上彩度も高い同士だと、目がチカチカするハレーション現象を起こすので要注意です。

 

●過去の色はにほへと一覧
https://entrie.net/category/iro/

リノベーションのこと、間取りのこと、インテリアのこと、お気軽にご相談ください!
物件さがしも一緒にお手伝いできます。

エイミーに相談する!

●エイミーズトーク
https://entrie.net/category/amy/
エイミーが気になる人に、自分らしい暮らし方や生き方のヒントをいただいてしまおうというシリーズ!

●エガクスマイ
https://entrie.net/category/sumai/
エイミーが実際にヒアリングをして理想の暮らしを描くまでのストーリーを大公開!

▪︎鈴木 栄弥  / emi suzuki  / エイミー
設計営業、ウェブマガジン編集長

▼Instagram
https://www.instagram.com/amy_entrie/ 
▼リノベーション事例
https://entrie.net/category/renovation/family/

2級建築士、カラーコーディネーター、福祉住環境コーディネーター

「ジェルコデザインリフォームコンテスト」リビングダイニング部門 全国優秀賞 受賞
「RoomClip全国理想の住まいコンテスト」500万円以下部門 全国優秀賞 受賞

小学3年の時ミニチュアが好きで、建築模型が作りたくて、建築士になりたいと将来の夢になる。大学入学とともに上京し、人が楽しく暮らす住まいをつくりたいと学び、今に至る。間取りを見て生活を想像することが好き。

趣味:美味しいものを食べる、何かしらハンドメイドする、ダイビング
好きなもの:間取り図、ミニチュア

entrie公式LINE@
下記のボタンから、「友だち追加」毎日更新中のLIFE STYLE MAGAZINE entrieやイベント情報を配信中♩
※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

友だち追加

follow me on Instagram

↑こちらでリノベーション事例写真をご覧いただけます*。

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ