営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

  • Instagram
  • Youtube

《つくり手と受け手が共鳴する瞬間を楽しむ / 陶芸作家 中川 弥生 – 愛しいものたち 》

ひとの手で、丁寧に、ひとつずつつくられていくものたち。工場で大量に製造されたモノにはない独特のオーラやぬくもりが、私たちの暮らしに彩りや安らぎを与えてくれます。エントリエでは、こだわりをもった手仕事作家さんに注目。ものづくりや作品への想いをお訊きします。

つくり手と受け手が共鳴する瞬間を楽しむ / 陶芸作家 中川 弥生

陶芸・絵画制作をしている中川 弥生です。

現在のように獅子や狛犬をつくるようになったのは、陶芸教室で制作を続けていた茶碗づくりに飽きてしまったことがはじまり。どんどんと増えていく作品を自分のお店である小料理屋『奈可川(鎌倉)』のカウンターに並べていました。

そうしているうちにお客さまから個展のお話しを頂いたことがきっかけで、制作のエンジンが掛かっていきました。

制作をしていると「これ面白いんじゃん」と感じることがあります。さらに、それを手に取った方も「これ面白いじゃん」となることがあるんです。

この瞬間が楽しいですよね。

制作のインスピレーションは、お店のお客さまや友人、家族からの意見など“周りの声”。お店でもお客さまから関心を持って観て頂くと励みになります。

同じ表情はひとつとしてない。

これまで鎌倉を中心に活動をしてきましたが、2022年11月に東京初となる個展「不粋な猫ほど愛おしい」を開催します。

猫がモチーフの作品では、友人の猫をイメージすることもありますが、だいたいは実家の猫がモデル。同じポーズだとしても、同じ表情を描くことはできません。また陶芸の面白いところは窯から出てくるとイメージが異なってできあがること。だからこそ、どんどんどんどん描いてしまうのです。これが、猫を題材にした作品が多い理由です。

もちろん、作品には猫じゃないものもたくさんあるので、猫好き以外の方にもぜひ見ていただけたらと思います。

また、そば猪口、茶わんなども店で使用しています。店では、洗い物担当のわたし。それ故に重ねておいて置けることやしっかりした器など使い勝手の良さ重視になってます。

作品づくりは私にとって元気の源です。今後も陶芸に限らず、大きな画面でザクザク描いていきたいです。

イベントのお知らせ

鎌倉を中心に活動されてきた陶芸作家 中川弥生さんの東京初となる個展がentrie times ebisuにて開催決定。出展作品は猫をモチーフにしたものからそうじゃなないものまで、さまざまです。猫好きもそうじゃない方も、ぜひいらしてください。

イベント概要

イベント名 : 中川弥生 作陶展 不粋な猫ほど愛おしい
開催期間 : 2022.11月11日(金)~17日(木) 11:00~18:00(最終日は15:00まで)
入場 : 無料 
場所:entrie times ebisu(〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南1丁目11-12The HONDA ARMS 101)

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ