042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

〔イベントレポート〕渋谷が舞台!DesignScramble2018から生まれるクリエイティブの未来

まちと人、企業を結ぶ、
渋谷のデザインフェスティバル

今回エントリエ編集部が潜入したのは、2018年11月24日に初開催された、企業とクリエイターを繋げ、渋谷をクリエイティブの発信拠点にすることを目的としたデザインフェスティバル「Design Scramble(デザインスクランブル)」。

イベントの舞台は、多くの若者とスタートアップやベンチャー企業が集まり、新しいカルチャーが次々と生まれる渋谷のまちです。

渋谷ヒカリエ「8/COURT」をメイン会場に、渋谷にある全18箇所のオフィスやカフェも会場として解放。プログラムには業界の垣根を超えて約25社にも及ぶクリエイティブ企業が参加し、“デザイン”をキーワードとしたトークショーや展示、ワークショップなどが目白押しでした。

そもそも「Design Scramble」が誕生したきっかけはなんだったのでしょうか?

イベントを主催したDeNAデザイン本部 Creative PR / Design Scramble 運営代表 後藤 あゆみさんにお話を伺うと、学生の頃からから「若手クリエイターのプロデュースをし、クリエイティブ業界・クリエイターの価値を高めたい」という強い思いがあったそうです。

6年前から個人でデザインやクリエイティブ業界全体の底上げを狙ったイベントの構想を練りはじめ、今回の「Design Scramble」の開催に至ったといいます。

私たちエントリエも、自分の感性を大切にし、くらしに創造性を取り入れることを発信したいメディア。斬新なアイデアを持つ若手クリエイターの考えや、クリエイティブなサービスを発信する人々の取り組みはぜひとも触れておきたいところです。

まずは渋谷ヒカリエ「8/COURT」で受付をすませ、タイムテーブルを確認。ふむふむ、興味深いプログラムがたくさん。その中でも、エントリエ編集部が興味を持ったプログラムをご紹介します!

つくり手のプロセスが垣間見える、
GMOペパボブース

さまざまな個人向けインターネットサービスを提供するGMOペパボ株式会社。

クリエーターとして活動する方にとってはお馴染みの「国内最大のハンドメイドマーケット『minne(ミンネ)』や「自分だけのオリジナルグッズを手軽に作成できる『SUZURI(スズリ)』といった数多くのサービスを展開している会社なんです。

エントリエのワークショップでも活躍してくれている人気作家OTO OTOのhoiさんが「minne の作品づくりを体験できるワークショップ」を行なっていました。

輪っかをあしらったエコバックづくりを体験することができるワークショップは大盛況!
いつも笑顔が素敵なhoiさん。OTO OTO作品と撮影できる、フォトスポットもありましたよ!

もうひとつ、ご紹介したいプログラムは「ペパボのデザインプロセス展」。

GMOペパボから生まれるさまざまなプロジェクトがどのようなプロセスでデザインされ、どのように要望や課題をデザインで解決してきたのかを紹介したパネル展です。

普段よく目にしているデザインひとつひとつが試行錯誤して形づくられていることがたくさんの人にわかりやすいように伝えられていました。

「デザインをしていると『実際にどのようなことをしているのかわからない』と言われることがあります。伝えたい相手にただ理解を求めるのではなく、プロセスを見せることでもっと多くの人にデザインを理解していただけるきっかけになれば」と、デザイン戦略チームの佐藤 咲さん。

いつもはオンライン上のサービスをつくる人、参加する人たちのリアルの声が聞ける空間となっていました。

トークイベントには、
豪華ゲストが登壇!

そして今回の「Design Scramble」でもっとも多かったトークイベント。

イラストレーターやアートディレクター、グラフィックデザイナー、写真家、ファッションデザイナー、コンテンツクリエイターなど・・・日本のデザイン・クリエイティブシーンをつくるクリエイターをはじめ、編集者や経営者たちも登壇。

「クリエイティブをどのように捉え、発信しているのか。」それぞれの仕事観や今後の展望から、彼らの独自の生き方や感覚を大切にしていることを感じ取れました。

まちと人のエネルギーが
交差することで開かれる未来

12時に開始したイベントは20時に閉幕。メイン会場は常に、トークイベントを聞きにきた参加者でいっぱいでした。

時代の先を行くクリエイターや企業の取り組みに触れ、改めて考えさせられたこと。それは、私たちエントリエが「豊かな暮らしのためにほんとうに大切なこと」に気づくために何ができるのか? ということです。

現在イラストレーターやハンドメイド作家の方々を中心に紹介しているエントリエですが、今後はさらに範囲を広げデザイン領域のクリエイターさんもご紹介していきたい・・・!

変化しようとするまちと、そこにいる人のエネルギーが交差することで、新しいものが生まれる。「Design Scramble」は、新しい一歩を踏み出す勇気を与えてくれるイベントでした。

|デザインスクランブル
今後も、スピンオフとして様々なプロジェクトを定期的に行うそうです!
公式サイトやSNSをチェックしてみてくださいね。

*公式サイト:https://designscramble.jp
*Facebook:https://www.facebook.com/DesignScramble/
*Twitter:https://twitter.com/designscramble