営業時間:10:00 - 18:00 (水曜定休)

「ティータイムの色たち。」色はにほへと #45

建築士としてエントリエブランドのリノベーションを手がけるとともに、このウェブマガジンの編集長でもある、エイミーこと鈴木栄弥。このブログでは、カラーコーディネーターとして登場。快適で心ときめく住まいの要素として、欠かすことができない色にまつわる話を、自身の仕事や街の景色のなかから拾い上げて紹介していきます。ちなみに、本人が好きな色は、薄いピンクと赤。

◆エイミーについてもっと知りたい方!ポートフォリオサイトはこちら
SUZUKI Emi PORTFOLIO (entrie.net)

#45「ティータイムの色たち。

ビビッドカラーの食器たち。

どこか優しさをも感じる
北欧らしい色たちだ。

ぬくもりある木のテーブルの上で
色が楽しく、うきうきしている。

この住まいは、リノベーションをし、
白い壁と無垢の優しいフローリングで
構成されたナチュラルな空間。

そこに、ただナチュラルなだけでは留まらず、
鮮やかな食器たちとのはっきりした
コントラストが空間をぐっと洗練し、
都会的な雰囲気をつくっている。

リノベーションで形をつくった後、
家具や雑貨、
そしてそこに住まう人の色が
プラスされてはじめて、
住まいが完成されていく。

お客さまのこれからの
楽しく、うきうきしたここでの生活を、
語らう楽しいティータイムだった。

■今日の色たち


食器は、彩度の高い、ビビッドカラーの組み合わせです。
北欧テイストでよく見かける色たちです。日照時間が短く、暗く寒い冬が長く続く北欧では、室内で過ごす時間が多くなるため、白を基調に、ぱっと目を引く鮮やかな色と遊び心があるデザインが特徴的に見られます。お部屋の内装に、いきなりビビッドカラーを使うことは勇気がいりますが、まずは小物からはじめてみても、楽しいかもしれませんね!

●過去の色はにほへと一覧

https://entrie.net/category/iro/

わたしの特技は、住む人に寄り添うことです!
自分らしく暮らしたい人の味方でありたいです。
色のこと、住まいのこと、お気軽にご相談ください!

住まいに関する疑問や不安や悩みや愚痴、雑談だけでも大歓迎^ ^
お話して前進できることもあるかもしれません!

エイミーに話してみる!

●エイミーズトーク
https://entrie.net/category/amy/
エイミーが気になる人に、自分らしい暮らし方や生き方のヒントをいただいてしまおうというシリーズ!

●エガクスマイ
https://entrie.net/category/sumai/
エイミーが実際にヒアリングをして理想の暮らしを描くまでのストーリーを大公開!

▪︎鈴木 栄弥  / emi suzuki  / エイミー
設計営業、ウェブマガジン編集長
SUZUKI Emi PORTFOLIO (entrie.net)

▼Instagram
https://www.instagram.com/amy_entrie/ 
▼リノベーション事例
https://entrie.net/category/renovation/family/

2級建築士、カラーコーディネーター、福祉住環境コーディネーター

「ジェルコデザインリフォームコンテスト」リビングダイニング部門 全国優秀賞 受賞
「RoomClip全国理想の住まいコンテスト」500万円以下部門 全国優秀賞 受賞

小学3年の時ミニチュアが好きで、建築模型が作りたくて、建築士になりたいと将来の夢になる。大学入学とともに上京し、人が楽しく暮らす住まいをつくりたいと学び、今に至る。間取りを見て生活を想像することが好き。

趣味:美味しいものを食べる、何かしらハンドメイドする、ダイビング
好きなもの:間取り図、ミニチュア

entrie公式LINE@
下記のボタンから、「友だち追加」毎日更新中のLIFE STYLE MAGAZINE entrieやイベント情報を配信中♩
※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

友だち追加

follow me on Instagram

↑こちらでリノベーション事例写真をご覧いただけます*。

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ