042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

リノベーションの見積もりを知ろう! – リノベをマナブ。 #14

リノベーションをしたいけれど、わからないことがたくさん……そんなみなさまに向け、entrieがリノベーションの基礎知識をお伝えするコーナー「リノベをマナブ」。 

リノベをマナブ。 #14
リノベーションの見積もりを知ろう!

新築に比べると割安になることが多いリノベーション(もちろん、部位や部材のグレード、設置状況など、どのような内容で工事を行うかによって、費用は大きく変わります)。この記事では、おおよそのリノベーションの相場や見積書のチェックポイントをお伝えします!

リノベーション費用の相場は?

場所ごとに、リノベーションの費用はいくら位かかるのかをまとめてみました。

工事箇所 金額
トイレ 約15万円~30万円
キッチン 約100万円
洗面 約20万円~50万円
お風呂 約80万円~100万円

※グレードや設置状況によって前後します。

上記はあくまで平均相場。たとえばキッチン工事の場合でも「ガスコンロをIHに変更」と「壁付けキッチンをアイランドキッチンに変更」とでは、費用に大きく差が出ます。

実際にいくら費用がかかるのかを知るには、見積もりを取るのがもっとも正確です。

見積書を依頼する前に必要な情報は?

リノベーションを行う際には、見積書が必要です。この項目では、ご自身にとって最適な見積書を取るため、依頼にあたり必要な情報をまとめました。

■予算を伝えよう

エントリエにご相談いただく際には、「予算は○○円以内で考えています」と、予算をお知らせください。

理由の一つは予算内におさめる提案をもらうためもう一つには、複数のリノベーション業者に見積もりを依頼している場合、各業者が予算内でどれだけ希望に応えてくれるかという提案力や設計力の比較材料になるためです。

■リノベーションの理由

リノベーションを依頼する際は「なぜリノベーションをしたいのか」「どうなりたいか」を明確にすることも、大切なポイントの一つです。

リノベーションしたい理由をお知らせいただくことで、予算のかけ方などの提案が変わってきます。「見た目を変えたい」「手入れを楽にしたい」「傷汚れがつかないようなものにしたい」など、リノベーションのきっかけとなる理由はさまざま。

もし、いくつかの理由があり、何を優先にすべきかわからない場合も大丈夫です。まずはお気軽にご相談ください!

リノベーションの見積書 チェックすべきポイントは?

見積もりを依頼する前の準備ができたら、見積書でチェックすべきポイントをおさえましょう。他のリノベーション会社と比較される際、ぜひご参考ください。

■処分費、経費などは明記されているか?

リノベーションの見積書は「材料費」「施工費」「諸経費」で構成されています。

ポイントは、内訳明細があるかを確認すること。単価や数量、価格という表記で小計が出ていない見積書は、注意が必要です。壁や床のリノベーションを行う場合、正確な面積が記入されていなければなりません。

記入がない場合は、必ず問い合わせましょう。

■合計費用ではなく、各項目を丁寧に説明してくれるか?

見積書の中には、「材料一式」と表記されていることがあります。これでは施工材料の内容を把握することができず、万が一グレードの低い材料を使用されていても泣き寝入りとなってしまいます。

そのため、一式見積もりの場合は、きちんと明細を出してもらうようにしましょう。

複数の業者から「相見積もり」を取ろう!

「相見積もり」とは、複数の業者から見積書を提出してもらうことです。
大切な家づくり。複数の業者の見積書を比較するお客さまも少なくありません。

この項目では、相見積もりを取る上での注意点やチェックポイントを解説いたします。

相見積もりを取るメリットは?

相見積もりを取るメリットとしては、費用を安くできる、各業者の提案する商品が違うため、比較検討し自分の希望に近い商品を見つけることができる、といった点が挙げられます。

同じ商品でも、会社によって、商品を仕入れる値段や利益の上げ方は異なるのです。見積書を作成してもらうと断りにくいと感じる方もいるかもしれませんが、「他社で決定した」とはっきり伝えて頂いて問題ありません。

チェックすべきポイント

見積もりの詳細はどこまで(単価・割引率・経費など)明記されているかが大切です。

相見積もりを取った際は、「価格差」「工事内容」「提案力」を比較することをお勧めします。依頼した際の希望が、きちんと反映されているか確認しておくことが大切です。

そう、見積もりは金額だけではなく、詳細を知ることで、「伝えた希望をどれだけ盛り込んでくれたのか」を判断することができるのです。

また、安さだけでなく、保障やアフターメンテナンスを含めて信頼できる会社を選ぶことも大切です。

エントリエでは、お見積りの前にかならず「現地調査」を行った上で、リノベーションを決めたきっかけや背景、ご家族の暮らし方を重要視したご提案をいたします。

明確な見積書をご提示し、ひとつひとつ丁寧にご説明することで、「そんな追加費用聞いていない」といった行き違いを防ぎます。

現地調査、お見積りは完全無料です。

リノベーションを検討中だけど相場が全然わからないという方、損はしたくないし妥当な金額しか出したくない方、まずはお気軽にご相談ください!

※この記事は、グループ会社であるリフォームプライスの「リフォームの費用・相場」が元となっています

*entrieの公式Instagramでは施工事例を掲載しています*

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ