営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

  • Instagram
  • Youtube

「申請は必要?」「そもそもできるの?」増築についてマナブ。 – リノベをマナブ。 #64

リノベーションをしたいけれど、わからないことがたくさん……そんなみなさまに向け、entrieがリノベーションの基礎知識をお伝えするコーナー「リノベをマナブ」。 家づくりのことから住宅に関わる法律やお金のことまで、一緒に学んでいきましょう!

「申請は必要?」「そもそもできるの?」増築についてマナブ。 – リノベをマナブ。 #64

戸建のリノベーションを検討されている方は、広くできる空間があれば増築も頭に浮かぶかもしれません。増築とは「床面積が増えるかどうか」が鍵となってきます。そのため、空間があるように見えても都道府県や市、また地域によって建ぺい率は異なります。

また、増築をするにあたって必要な手続きもあります。今回はその手続きに関するお話です。

増築に必要な「確認申請」とは?

まず、増築の際には「確認申請」が必要です。確認申請とは、都道府県や市などに必要書類を提出し、建築物が法や条例などに反していないかを建築主事(建築物の確認や審査を行う公務員)または指定確認検査機関に確認してもらう手続きのことです。10平方メートルを超える増築にはこの確認申請が必要となってきます。

ただ、増築で確認申請が不要なケースが存在します。それは、防火地域や準防火地域ではない区域において、増築面積が10平方メートル以内のとき。いずれにしても自治体への確認を必ず行いましょう。

※確認申請が必要な工事なのに手続きをしなかった場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となるためご注意ください。

確認申請にかかる費用

確認申請では「確認申請」「中間検査」「完了検査」の3つの手続きがあり、それぞれに手数料がかかります(費用は自治体によって異なる)。

参考までに東京都のケースをみてみましょう。

建築基準法関係申請手数料 | 東京都都市整備局 より

確認申請の準備から増築完了までの流れ

次に、確認申請をする前から工事完了まで、増築の流れをご紹介しますので参考にしてください!

工事業者の選定と増築プランの作成

工事を依頼する業者を探して決める段階です。

業者と相談しながら増築プランを決めるため、増築の施工実績が多い、信頼できる業者を選ぶことをおすすめします。業者のホームページで増築の実績を確認するとよいでしょう。

1.確認申請

増築プランが決まったら、工事業者や建築士に確認申請の手続きを依頼します。増築規模によっては自分で確認申請ができますが、図面作成といった作業に膨大な知識が必要なため業者や建築士に依頼することをおすすめします。

確認申請にはおおよそ1〜2週間かかると言われており、最長で70日かかるとされています。

2.工事開始・中間検査

確認申請が通って「確認済証」を受け取ったら工事を始めましょう。工事内容によりますが、途中で「中間検査」をする場合があります。

また、計画の変更があった場合は「確認申請」を再度しなければいけません。計画の変更があるのに再度の確認申請をしないで工事を完了した場合、罰則があるため注意しましょう。

3.工事完了

工事が完了したら「完了検査」をします。確認申請の内容に沿っているかチェックする手続きです。完了検査で問題なしと判断されれば無事に増築工事は完了となります。

自宅を増築できない場合とは?その理由や具体例を紹介

また、現在の住宅の状況や、増築内容によっては、工事ができないケースがあります。増築できないケースを3つ紹介いたします。

増築すると「建ぺい率」や「容積率」の上限を超えてしまう

「建ぺい率」は、敷地面積に対して建築物の面積がどのくらいあるかの割合です。
「容積率」は、敷地面積に対して建築物の合計床面積がどのくらいあるかの割合を指します。

敷地面積に対して建築できる割合は決まっているため、増築することでどちらかが上限を超える場合は工事ができません。敷地における現在の建ぺい率や容積率、それぞれの上限値を不動産会社や自治体に確認するようにしましょう。

現在の建物が「既存不適格建築物」に当てはまる

「既存不適格建築物」とは、建てたときは問題なかったけれど法改正や都市計画の変更によって現在の制度だと不適格となる建築物のことです。

増築する住宅が「既存不適格建築物」の場合、現行制度に適した建物に変更する工事をしなければ増築ができません。ただし例外もあるため、自治体や建築士に確認をしてみましょう。

高さ制限を超えて増築しようとしている

住居の場合、指定の高さを超えての増築はできない場合があります。地域によっては10メートルまたは12メートルの高さ制限が設けられているためです。

10〜12メートルとは、木造で3階、コンクリート造だと4階が目安と言われています。高さ制限の対象地域かどうかは自治体に確認してみましょう。

増築をする際は「確認申請」が必要かどうかを事前にチェックしよう

《旅するリビング。ワインを楽しむお家 | リノベーション事例》 家族とエントリエ LIFE STORY #42より

確認申請が必要かどうかにかかわらず、既存建物の建ぺい率や容積率によっては増築ができないこともあります。まずはご自宅の増築が可能かどうかを業者や建築士に確認するのが安心ですね! 増築プランを考える際にはぜひご相談ください。

※この記事は、グループ会社であるリフォームプライスの「増築に必要な「確認申請」の提出方法とかかる費用、増築できないケースを紹介!」(2020.12.21 更新)が元となっています

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ