042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

《スタイリッシュ × エレガント。大人の隠れ家を演出するカウンターキッチン | リノベーション事例》 家族とエントリエ LIFE STORY #18

大切な人同士が、食を共にできる幸せ。
サロンのように人が集い交流できる隠れ家バー

15年以上お住まいのご自宅をリノベーションされたTさま。まるでバーに訪れたかのようなカウンターキッチンを演出する、照明やガラス棚。キッチンを中心に、人が集い交流する「大人の隠れ家」のような空間ができあがりました。

  • 東京都
  • メゾネットマンション2階建(築48年)
  • 鉄筋コンクリート造(RC造)
  • 費用:約450万円(解体費・各種工事費用・デザイン費用全て含む)
  • 面積:リノベ範囲55㎡ (全体110㎡)

リノベーションのきっかけを教えてください。

Tさま:大型犬とこの家に住んで15年以上経ち、かなり老朽化が進んでいました。ふたりの子どもも巣立ったので、思い切ってリノベーションしてみようかなと思ったことがきっかけです。結婚相談の会社を経営しているので、リビングがきれいになればもっと仕事でも活用できるかな、と考えたこともきっかけのひとつですね。

エントリエとは、どのように出会いましたか?

Tさま:“リノベりすというリノベーション情報サイトです。自宅からエントリエのある聖蹟桜ヶ丘までは遠いので、最初はもっと近い業者さんにお願いしようかと思っていました。ただ、数社検討した結果、熱意はさることながら一緒に考えてくれそうだったことが決め手となり、エントリエにお願いすることにしました。計画を進めていくうちに変更したい部分が出て相談しても、担当の北島 一広(きたじま・かずひろ)さん・三島 美史(みしま・みふみ)さんは一度も面倒くさい顔をしなかったんです。

リノベーションにあたり、どのようなご要望をお持ちでしたか?

Tさま:基本的には大人しか使わない空間なので、冷蔵庫や電子レンジといった生活の匂いのする家電はすべてバックヤードにしまい、生活感を感じさせない「大人の隠れ家」のような雰囲気にしてほしい、とお伝えしました。

もうひとつは照明。もともと間接照明のオレンジ色の光が好きだったので、光にこだわって、蛍光灯じゃない生活がしたいと思っていました。

before

after

エントリエからはどのような提案がありましたか?

Tさま:とにかくヒアリングをしっかりしてくださったのが印象的。その後は、北島さんのスタイリッシュで男らしい雰囲気と、三島さんのエレガントで可愛らしい雰囲気とを混ぜたような提案をしていただきました。完成したときには「最初のイメージ画像と一緒だね」と家族にいわれたくらい、実現力がすごいな、と。

もともと備え付けてあったダークブラウンの扉はそのまま使う予定でした。扉の色をどう活かすかが難しかったのですが、三島さんが希望のテイストに合わせて、扉の色とも調和するような壁紙を選んでくださいました。一番上に飾ってあるお皿は、数年前に娘が初任給のプレゼントで買ってくれたもの。それ以来、“このお皿が映える家に住みたい”と思っていたんです。

キッチンカウンターの背後の棚も素敵ですね。グラスに光が当たってきれいです。

Tさま:カウンター奥の棚は、最初は掃除を考えて木の板がいいのではと思っていましたが、三島さんから、「ガラスの板だと照明が下まで届いてきれいなので、ガラスにしましょう」とご提案いただきました。いま、いいウイスキーを注文しているところなので、そのうち棚に並ぶと思います。

今後リビングは、お仕事の場としても使われる予定なんでしょうか?

Tさま:はい。「キッチンが主役」というのは、最初に希望を出した際に北島さんと三島さんにもお伝えしました。今こういうご時世なのであまりできていないですが、私はご縁をつないだカップルと、必ずご飯を食べに行くようにしているんですね。今後はここで、私の料理を2人に食べてもらいたいなと思っています。

人と人が生活を共にするという営みの中でも、「食」を大切にされているということでしょうか?

Tさま:大事ですね、食べることは。好きな人たちとみんなでご飯を食べるのって、一番幸せですよね。リノベーション前も、自宅によくお客さまを招いてホームパーティーをしていました。実家もよく人が集まる家でしたね。

ジュリア・ロバーツ主演の映画『食べて、祈って、恋をして』の世界が、全部自宅の空間で実現するといいなと思っていました。リノベーションして、それがすべてできるようになりましたね。朝このリビングで、鳥の声を聴きながらヨガや瞑想をすると最高です。

お気に入りの場所はありますか?

Tさま:キッチンの中です。リビングや庭が一望できるので、ここに立って外を眺めるのが好きですね。バックヤードに冷蔵庫を隠したので、最初は動線が不便かなと思いましたが、結果的に収納が楽になり、家事動線も良くなりました。何よりお客さんに冷蔵庫が見えないのがいい。自分用の椅子があるので、お客さまがいらしたときには、スナックのママのようにカウンターの内側に座りながらお話できるんです。

「エントリエに頼んでよかった」と思えたことはありますか?

Tさま:どんな相談に対してもまったく嫌な顔をしなかったのがすごい、と思いました。顧客サービスで0〜100までランクがあるとすれば、100。とにかく聞く姿勢がすごい。最初に「できません」とは言わず、まず持ち帰った上で「ここはできる、ここはできない、ここだと予算はこうなる」と具体的にフィードバックしてくださいました。

ユーザーは予算ばかりを気にしてしまいがちなものですが、エントリエさんからは計画を進める中で、そういったお金では計れないホスピタリティの価値を感じていきました。そこまで納得できたんです。これから結婚するカップルなど、知り合いにも紹介してあげたいな、と思っています。

“朝日を浴びてヨガをして”、“お昼は壁掛けテレビを使ってセミナーを”、“夜は間接照明やダウンライトで表情を変え隠れ家バーに”……どんなシーンでも活用でき、昼と夜で違う表情を見せるホテルのラウンジのような空間をイメージしました。『たくさんの人が集い、素敵な出会いが生まれ、多くの人に楽しんでもらいたい。』そんなTさまの人と人とのご縁を大切にされている想いが込められたリノベーションでした。この空間でたくさんの素敵な出会いや繋がりが生まれますように。


設計担当 : 三島より

 

施工事例をもっと見る

イベント案内はこちら

モデルルーム見学会の予約はこちら

follow me on Instagram

↑こちらでリノベーション事例写真をご覧いただけます*。

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ