営業時間:10:00 - 18:00 (水曜定休)

《住み慣れたマンションで理想の暮らしを。広々として明るいリビング | リノベーション事例》 家族とエントリエ LIFE STORY #23

「モヤモヤと描いていたイメージを、具体的にしてくれたのがエントリエでした」

今回「家族とエントリエ」に登場してくださるIさまご家族がエントリエ(当時、ホームテック)と出会ったのは6年前のこと。購入したマンションで、いつまでもお子さまと楽しく過ごせるように「広々としたリビングを」というご希望をいただきました。月日が流れても自慢のIさまのお家について伺いました。

  • 東京都多摩市
  • マンション(築36年)
  • RC造(鉄筋コンクリート造)
  • 費用:約312万円(解体費・各種工事費用・デザイン費用全て含む)
  • 面積:リノベ範囲75㎡

暮らす家族(依頼当時の年齢)
ご主人
(30代)、奥さま(30代)、長男(3歳)、次男(1歳)

マンションリノベーションに至った経緯を教えてください

旦那さま:はじめは家を買おうという話からはじまりました。建売住宅を見て回っていたのですが……

奥さま:どこかイメージが合わなかったんだよね。小綺麗すぎるというか。

旦那さま:あと、戸建だとどうしても駅から離れてしまうということもあってマンションを選択したという感じですね。その中で自分たちらしい暮らしをするなら、リノベーションをして住みやすい家にしていきたいなと。

奥さま:実は実家がこのマンションで、築36年経っていたり畳の部屋が暗かったりというのはわかっていました。でも、家族や友人もこの辺にみんな住んでいるので安心できることもあって絶対ここがいいなって。

BEFORE

AFTER

▷和室の壁を取り払い、広いスペースを確保しました

空き部屋も、すぐに見つかったのでしょうか?

旦那さま:いえ、立地や部屋の向きなどの条件が良い物件ってなかなか売りに出ないんですよね。だから毎日、不動産サイトでチェックしてたんですよ。そして、出た瞬間に電話して「その日の午後に内覧にいきます」と伝えて。

奥さま:結果的に購入できましたが、それでも二番だったんです(笑)。一番目の方が契約に至らなかったようで、実家とは真逆になる間取りの部屋を無事購入できました。

BEFORE

AFTER

では、リノベーション会社にエントリエを選んだきっかけを教えてください。

奥さま:はじめはリノベーション事例が載っている雑誌を買って、自分たちの好きなテイストの会社といくつか連絡をとってお話を聞いたり希望を伝えていました。そのなかのひとつに、エントリエがありました。

旦那さま:決め手となったのは、担当の澤 雄太(さわ・ゆうた)さんと、もうひとりプランナーさんふたりで来てくれたこと。最初から各専門の方が付いてくれのは、安心感に繋がりました。リノベーションの全体スケジュールを澤さんが丁寧にお話してくれて、「次に何をすればいいか」ということがすごくイメージしやすかったんです。

お家についてどんなご希望を伝えましたか?

奥さま:息子たちが部屋に引き込もることのないようにという理由もあり、「ずっといたくなるような広々としたリビングにしたい」というのがスタートです。そこから、リビングのワークデスクやハンモック……ひとつひとつ細かい希望も伝えました。

担当者とのやりとりで印象に残っているエピソードはありますか?

奥さま:ありますよ! 私たちの「こんな感じ」という漠然としたイメージを形にしていってくれました。例えば前の家に来てくださったときに、おそらくですが家具を一瞬見ただけで私たちの好みのテイストを把握してくれていたんです。その後、「こういうのがお好きそうなので」とA4用紙2枚くらいの資料に(デザインテイストなどを)まとめてくださいました。

グリーンの壁も印象的ですよね。提案にあったものですか?

奥さま:そうですね。はじめはふたりが好みの色の壁紙を張ろうって思っていたんですけど、これも澤さんが持ってきてくださった資料のなかにこれがあったんです。私の一目惚れで、絶対にこれはやりたい!! って思って。(予算的には)跳ね上がるんですけど、これだけはって(笑)。お気に入りです。

ハンモックは旦那さまのご希望だったとか。

旦那さま:そうですね。この(窓際の)場所にもすごく合っていたなぁと。私としてはこの家の中で一番気に入ってるのはこの空間です。ここで勉強したり、お昼寝したり……競争率が一番高い場所ですね。

奥さま:ハンモックは、取り合いだよね。あと、(ハンモックの布を)パサッとかぶると、ひとりになれるのでとてもいいですよ(笑)。

リビングのワークデスクもゆったりと使えそうですね。

ご主人:リビング学習が子どもにとっていいっていう話やリビングで仕事をするスペースが欲しいっていう話をしていて。雑誌を見ていたら、こういうワークスペースみたいなのがあってお願いしたんだよね。

▷椅子や引き出しなどを設置した備え付けのワークデスク

住んでみていかがですか?

奥さま:引き渡し当時、3歳と1歳だった息子たちはプラレールが好きだったのでリビング一面にバーって線路を広げて。広々とスペースを使えているから、そのままにしても翌朝を迎えられましたよね(笑)。走り回って、嬉しそうでしたよ。

旦那さま:長年住むと、いろんな家具やインテリアをどんどん追加してたりするんですけど、土台の家がしっかりしているから浮かないですね。こうしておけばよかったという点に関しては、コンセントは「ここにあった方がよかったな」とかは後々でてきましたね。それに、エントリエとはその後もちょこちょこ連絡いただいて。後々、直したくなったトイレなどのリフォームもお願いして、長いお付き合いになっています。

奥さま:そうそう、何かあったら澤さんに何でも頼める安心感があって。信頼しています。

リノベーション前に描いていたご希望は、叶いましたか?

旦那さま:結局リノベーション後ですが、こんなにイメージが変わるのかというのはびっくりしましたね。

奥さま:同じマンションの他の部屋を知っている引越し屋さんが「広い! 同じマンションですか?」って驚いていたよね。友人が来てもびっくりします!

 

「こうですか?」「そうです!」「こんな感じは?」「良いですね!」そんなやりとりをたくさんさせて頂いた印象です。私もとても楽しかったです。

Iさまから嬉しいお言葉をたくさん頂きましたが、私も同じようにIさまを信頼しご提案をさせて頂きました。その関係が無かったらこのお家は出来なかったように思います。

改めてリノベーションは人と人とで創り上げていくものだなと認識させて頂きました。間取り的にはシンプルなんですがその中でもみんなが好きな時間・空間を過ごしていただく為にアクセントの壁やハンモックなどをポイントに持っていく事で味わい深いお家になったのではないかなと思います。

ご主人も奥さまもご子息たちもこの家でたくさんの時間を紡いでいき、たくさんの思い出を築いてくださっています。きっとお子さんが大きくなるにつれてライフスタイルも変化されていく事と思いますが、

その変化にそっと寄り添いながらもずっと楽しく過ごしていただける。そんなお家になってくれたら幸いです。

どうもありがとうございました。


設計担当 : 澤より

 

施工事例をもっと見る

イベント案内はこちら

モデルルーム見学会の予約はこちら

follow me on Instagram

↑こちらでリノベーション事例写真をご覧いただけます*。

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ