営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

《マトリョーシカの沼にドボン! 画材屋さんでの衝撃的な出会い。 / 木製小人形作家 アトリエ juju – 愛しいものたち 》

ひとの手で、丁寧に、ひとつずつつくられていくものたち。工場で大量に製造されたモノにはない独特のオーラやぬくもりが、私たちの暮らしに彩りや安らぎを与えてくれます。エントリエでは、こだわりをもった手仕事作家さんに注目。ものづくりや作品への想いをお訊きします。

《マトリョーシカの沼にドボン! 画材屋さんでの衝撃的な出会い。 / 木製小人形作家 アトリエ juju – 愛しいものたち 》

マトリョーシカやこけしなどの木製小人形作家 アトリエ juju(ジュジュ)です。革を焼いて絵付けする革のタグ、ピンクッションや、ストラップ、キーホルダー、ブローチ、ネックレスなど、とにかくかわいいマトリョーシカ雑貨も制作しています。
今の制作スタイルは、子育て時代に育児サークルで知り合ったママ友から教わったトールペイントの経験がベースになっています。すぐにハマったわたしはお教室に通い、講師資格を取りました。
次男が小学校入学した頃には、自分のお教室を開くことができました。はじめは近所の公民館で3年。その後はホームセンターのカルチャー教室でした(カルチャー教室は今年で20年になります!)
そして、ついにマトリョーシカと出会ったのは、8年前。画材を買いに世界堂に行った時、お店の棚の上に置かれたホコリを被った2体白木のマトリョーシカを見つけたんです。白木の横にはきっとお店の人が描いたのであろう作品も見本で置いてありました。「わたしにもできる!!」とそのホコリ被った2体の白木マトリョーシカを買って帰りました
描いてみたらこれまたどハマり!!
それ以来、マトリョーシカの沼にドボンです。
▷思い入れのある作品は、7年前に初めて開催した個展のときに制作した10体組の海と農場の風景をテーマにしたマトリョーシカ(身長 27cm)。デザインやアイデアは簡単に沸きましたが、技術は未熟だったため制作にはかなり苦労しました。

目がバッチリ決まった瞬間が、一番楽しいとき

作品を描くときに大事にしているテーマは“いつもハッピー & スマイル”です。かわいくて、見ているだけで癒やされて幸せを感じられる。そして、ちょっと滑稽で笑える。そんな何かがいつも身近にあれば辛いときに、疲れたときに気持ちが救われるかな? と思いながら描いています。
好きな物語や絵本の中の登場人物を描いてみたり、音楽をイメージしたり、自分で勝手に物語のワンシーンを思い浮かべたり……。日常生活の中でふと思いついたことをヒントにマトリョーシカを描いたりもします。
女の子のお出かけのオシャレを描くときは、洋服の色や模様にこだわっています。制作中はまるで小さい頃にお絵かきやぬり絵に夢中になっていた頃を思い出します。
作品づくりにおいて、一番楽しい瞬間は、「どんな作品にしようかな?」といろいろ考えるとき。どんな形の白木にしようかな? と選ぶとき。描いてる最中、デザインや色が作品のイメージにぴったりハマるとき。できあがるちょっと前の「あと少し〜〜」とドキドキしてくるとき。
お人形の目がかわいく描けたときは特に自分の作品にワクワクしています。でも、いろいろ書いたけど、やはりお目々がバッチリ決まったときが一番楽しい瞬間です。

マトリョーシカは、あって当たり前のもの

作品をつくりはじめて8年が経った今でも、つくりはじめた頃と変わらない気持ちは「とにかくかわいいマトリョーシカを描いて、見てくれる人に小さな幸せをお届けしたい!!」ということ。わたしにとって、マトリョーシカは、「あって当たり前の物」であり「支え」です。当たり前過ぎて、考えたことがなかったくらいです。
これから勉強しようと考えているウッドバーニング技法は、電気ペンで白木を焼いて、下絵のラインを焦がし、それから色をぬります。木を焦がしたラインを利用するため、木の目が見えて、木の素朴な感じを表現できます。
ウッドバーニングにすると、木が持つ素朴な感じ、自然な感じや温かみを隠すことなく、優しい作品ができます。使う絵の具は変わりませんが、絵の具に含ませる水の量などを変えて透明感を出します。
これからの作風としては、ウッドバーニング作品により深く挑戦してみたいです。
そして、絵本作家さんともコラボをはじめました。『ふとっちょマトちゃん』という、かわいい絵本です。登場人物をマトリョーシカに描いています。こちらもこれからはキャラクターを増やして行こうと思っています
今後も、これまでと変わらず、淡々とマトリョーシカを描いていこうと思います。

イベント情報 マトリョーシカの絵付け教室 自由が丘教室

開催日:毎月 第2日曜日
時間:12:30~15:30
開催場所:東京都目黒区自由が丘2-8-7 コア自由が丘102
体験教室講習費:¥3.500(材料費込み)
絵付け教室講習費  :¥3.000(材料費別)
お申込み方法・詳細:
InstagramのDM,FBのメッセンジャー、Gmailどちらからでもお問い合わせください。Instagram / mariko8115
FB               / mariko.tagu
gmail           mari35atjuju@gmail.com

木製小人形作家 アトリエ juju

【Instagram】https://www.instagram.com/mariko8115/

entrieは楽しむリノベーションブランド。
施工事例をInstagramにて公開しています。

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ