042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

Tokyo Birthdays #24 「私の」住むまちは、「誰かの」住むまち。

  Tokyo Birthdays  

リクツで説明するのはむずかしい、
けれど「至福」を感じる場所と時間がある

私たちを芯からぐっと強く、
時に優しく包み込み、引きとめてくれる風景。

東京で日々生まれるエントリエ的な一瞬を
言葉と写真でお届けします。

#24 「私の」住むまちは、「誰かの」住むまち。


東京は、私にとっていつも「誰か」の住んでいるまちだった。

憧れの有名人が本当に存在しているまち。
上京した先輩方がキラキラと働くまち。
昔付き合っていた彼のアパートがあるまち。

 そんな東京が、この春から「私の」住むまちになった。

私が住んでいるのは、
古着屋さんとバンドマンと役者の卵と色濃い人たちが集まる、
高円寺。

 何故ここに住もうと思ったのか。
理由は、今となってはよく分からない。
好きな写真家さんが住んでいたり、
たまたまロフト付きの気に入った部屋が見つかったり、理由はそんな程度のものだったと思う。 

特に思い入れのないまちでの生活の始まり。
それが、今年の4月の初め。
あ、言い忘れていたのだけれど、私はいわゆる出不精だ。
近所のおすすめスポットをこまめにチェック、なんて夢のまた夢。
後輩が遊びに来ても、未だにおすすめのお店一つ紹介できない。無念。
いや、そんなに無念とも思ってないところが、一番タチが悪い。
あぁ、無念。

 でも、このまちについてそんなに知らない割に、私は高円寺が好きだ。
引っ越すつもりは当分ない。 

せいぜい家から半径1kmぐらいしかうろうろしたことはないけれど、このまちには、「誰か」の生活が、時間が、記憶が、いたるところに存在していると思う。

駐車場に落ちた寂しそうなタバコ。
誰が掛けたのかも分からない、フェンスにぶら下がる自転車の鍵。
道に無造作に投げられたゴミ袋。
ベランダに並ぶ、くたっと疲れたTシャツ。
玄関に並べられた、沢山の植木鉢。
電信柱に貼られた、謎のシール。

私達は、
日々目まぐるしく朝を迎えてしまう。
金曜日が来たと思ったら月曜日が来て、
あっという間に次の金曜日で。
自分の世界の中で、いつもいっぱいいっぱいだ。

 あぁ、今日もあれができなかったな。
そういえば明日、会議があったんだった。
昨日のあの人の表情は、一体何だったんだろうか。

 ぐるぐる考えながら電車を降りて、トボトボ歩く帰り道。
ふと目に留まる、「誰か」の足跡達。 

あぁ、ここに居るのは「私だけ」じゃ無いんだな。

そう気づいて、私はまた少し救われる。

 住んでいるからといって
このまちに詳しくなったわけでは、ない。
芸能人には、今のところまだ会えないし
働くことは思ったよりキラキラはしていない。
それに結局、未だに遠距離恋愛だ。

 それでもここが、高円寺が「私の」住むまちだ。

 「私の」住むまちは、やっぱり今でも「誰か」の住むまち。

 

Ιスポットデータ
高円寺

■プロフィール■
文、写真 / 山崎嘉那子
自己紹介が、書けません。境界線を見つめながら生きている社会人。演劇したり、絵を描いたり、写真を撮ったり、文字を書いたり、ヨガをしたり。自分が生きていることを社会に刻んでいます。コルクラボ所属。

エントリエはあなたらしさを応援するリノベーション会社です

私たちは、お客さまひとりひとりにとって「何が大切な時間なのか」を一緒に考え、それぞれに合うリノベーションをご提案しています。

だから、このライフスタイルマガジン エントリエも、“自分らしさ”への気づきを与えることができる発信の場として盛り上げていきたい、そんな思いで­­­つくっています。