042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

EGAKU SUMAI case 02 [プラン編]

“リノベーションを成功させるためには、
お客さまの暮らしを隅々まで妄想することが大切!”
entrieの建築士エイミーが実際にヒアリングをして
理想の暮らしを描くまでの
ストーリーを大公開!

case 02 [プラン編] 

今回お話を伺ったMさまご家族

Mさまの家族構成:奥さま(ヒアリング)、旦那さま、娘さん(6歳)
至福のひととき:奥さま / 焼き立て食パンをちぎって食べる 、ご主人 / サッカーを観ながらうたた寝 、娘さん / お絵かきや工作に没頭

住まいを描く建築士 エイミー

鈴木・栄弥(すずき えみ)。小さな頃から建築士に憧れ、建築模型つくりやチラシの間取りを見て生活を想像することが好きな暮らし妄想系女子。現在のホームテック株式会社では、2級建築士として働きながら『ライフスタイルマガジン エントリエ』の編集長を勤めている。

ヒアリングから描き出したプラン

エイミーEGAKU SUMAI case 02 [ヒアリング編]では、Mさまから現在の住まいに関するヒアリングと、それに対するリノベーションポイントについてお伝えしました。ヒアリングから出てきた問題点はこちら。

▷クリックで画像を拡大

今回は[プラン編]。さっそく、動線・居心地の良い距離感・収納を重点的に考えながら私エイミーが描いたお部屋の公開です!

コンセプト「大切にしたい それぞれの時間」

あえてしっかり個室をつくり、
また、開かれたLDKでも個人のスペースをつくる。
気分によって、家族を感じながらも自分の時間を過ごせる。そんなひとりの時間があるから、
家族が集まるときは、心地よく過ごせる。
家族との時間も大切にできる。個々を尊重し、共存する家に。

今回、「物を少なく、手入れもしやすく、そしてそれをずっとキープしたい」というご要望もあったので、全体的に、その場所の使い方、機能をはっきりさせて、メリハリをつけることで、生活感があるごちゃごちゃしたイメージをなくし、すっきり暮らすことができるようにしました。

それではそれぞれのポイントをイメージ写真とともにご紹介いたします。

▷クリックで画像を拡大

・廊下をホールに

もう、くねくね長い廊下はありません! 疲れて帰ってきて、あたたかく迎えてくれるような広い玄関ホール。ゆとりも感じて、正面に娘さんの絵を飾ったり、奥さまの趣味だという裁縫作品が飾れるホールに。「ただいま!」といいたくなります。

・憧れ通りのすっきりキッチン

対面キッチンでも、フラットにかっこよく、見せられるキッチンに。ごちゃごちゃした物や吊るしたいキッチンツールは、背面に設置した引き戸の中に! 料理するときは、引き戸を開けっ放しで使い、人が来たら冷蔵庫ごとすっきり隠しちゃう。

気分もすっきり過ごせます。

コンロ側とシンク側の両方から、キッチンの外に出れるので、行き来もしやすく、ダイニングテーブルも近づけて、めんどくさかった行き来をなくします。ダイニングから少し手を伸ばせば、洗い物をシンクに置けたりするので、ご主人さまも娘さんもお片づけを手伝ってくれるかも!?(笑)

・邪魔されない私のスペース

主寝室と子ども部屋という個室をしっかりつくり、個別の空間を確保。同時に、リビングの壁一面に、個々の作業スペースと、本や文房具や裁縫道具をしまえる棚を用意しました!

気分によって距離感を選んで、自分の時間を大切にできる。

娘さんが集中して絵を描いていて、ごはんの支度するからダイニングテーブルの上、片付けなさい!なんてイライラすることもなく、奥様のミシンや途中の作品もそのまま出して置ける。ダイニングテーブルは食事するだけの場所、リビングはテレビを見たりくつろぐだけの場所、と機能も分けられて、普段は物を置かずにすっきりきれいを保てます。

・孤立した洗面所

帰ってきて、ホールから洗面所に入り、手洗いうがいをし、洗い物は洗濯機へ。そしてそのままリビングや個室へ。生活の動線の中に洗面台があることで、季節によっては、菌や花粉を部屋の中に持ち込むことを防げるかもしれません。洗面台と洗濯機の前に立つスペースを、それぞれ確保することで、家族が同時に使用しても、邪魔にならず、収納もぞれぞれたっぷり確保できます。

日当たり良すぎる問題

洋室3はリビングに! 朝は明るすぎるということで、朝はあまり使用しないリビングをここに持ってきました。平日の午後、奥様の至福のひとときでもある、録画したドラマを、あたたかい場所でのんびりくつろいでみることができる場所にし、夜は家族でだんらんをする場所です。また、昼間、室内干しができるように、日当たりが良い、寝室の中に、スペースをつくりました。急にお友だちが来ても、中に干しているのが見えないし、生活感が見えないので良いですよね。

ご提案を終えて……

エイミー:家族が一緒に暮らすことが窮屈にならないように、いつもでも程よい距離感で、仲良く暮らせる家になればうれしいです。

*奥さまからコメント

とっっってもステキなご提案、ありがとうございました! まず、「ムダの無さ」に感動しました。

特に、玄関からすぐ洗面所にアクセスできるところ、キッチンがオープンなところ、生活動線がすごく考慮されていること。そして、リビングに個々のフリースペースを設けるというアイディアには驚きました(しかも壁に収納機能も付けることで、空間を有効利用できてうれしい!)。

ダイニングテーブルが散らかることもなく、それぞれの自由な空間も確保されるので、「共」と「個」を両立できる、素晴らしいプランです。窓が多くて明るい東南の部屋をリビングにするのも、解放的な気分になれて良さそう!

「こういう暮らしをしたい」という憧れが本当に叶えられるなんて、夢のようですね(笑)! 私がちょろっとボヤいたことや小さな不満も、逃さず再現していただきありがとうございました。

 

follow me on Instagram

エントリエのリノベーション施工事例をご覧いただけます

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ