042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

鈴木 栄弥が訪ねる『まちのエントリアンたち』
Amy’s talk ♯3 速水晃さん

エイミーことエントリエ編集長の鈴木 栄弥が見つけた気になる人を訪ねて、自分らしい暮らし方や生き方のヒントをいただいてしまおうというこのシリーズ。第3回目のゲストは、稲城市内にお店を構える『Flower Shop Colon』のオーナーで、バルーンを使ったフラワーデザイナーとしても活躍する速水晃さんです。

お花を通して、人に喜びを。
まちに、元気を。

速水晃(はやみ ひかる)さん。稲城市に6人兄弟の長男として生まれる。ガーデナーである父親の影響で、幼い頃より自然と花にふれ、高校卒業後は大手フラワーショップに入社。フラワーデザイナーとして6年間勤したあと、カナダのバンクーバーに渡航、現地のフラワーショップで働く。2013年に帰国し、地元稲城市内に『Flower Shop Colon』をオープン。フラワーバルーンなどを使った独自の感覚で、フラワーレッスンを行っているほか、結婚式のプロデュース、施設の装飾なども手掛けている。

 

父親の影響で、花の道へ

バルーンフラワー、素敵ですね!

速水さん:どうもありがとうございます。特別なシーンで思い出に残るプレゼントはできないかなと思って、つくり始めたんですよ。

画像参照元:https://camp-fire.jp/updates/view/48928

今度、ぜひつくって欲しいです。速水さんが、お花の道に進んだきっかけはなんだったんですか。

速水さん:ガーデナーだった父の影響ですね。小さな頃から、いつも身近にお花があったし、自然な流れだったように思います。高校を卒業して、大手のフラワーショップに入社し、6年間、デザイナーとして働きました。

すごく合っていると思うんですが、退職されたんですよね。どうして?

速水さん:なんていうんだろう。「5,000円でピンクっぽい花束をお願いします」といったお客様の注文に応じてアレンジメントをやっていたんですが、だんだんと人の目を気にするようになり、答えがわからなくなってしまったんです。子どもの頃から好きなようにやっていたから、そのことがすごく窮屈で。一気に気持ちが冷めてしまったんです。もうお花いいかなって。

えー!そんなに好きだったのに?それでどうされたんですか。

 

バンクーバーでの運命的な出会い

速水さん:当時の彼女(現妻)と一緒にバンクーバーに。

バンクーバーですか!思い切りましたね。

速水さん:お花から離れたかったんですけど、やっぱり気になっちゃって。バンクーバーは街中にお花があふれているんですが、駅のガード下に日本人女性がオーナーのかわいいお花屋さんがあって、働きたいなって思ったんですね。

やっぱり(笑)離れられなかったんですね。

速水さん:そうですね。それで、レジュメを送ったら、いまは募集していないけどクリスマスの時期ならと言われて、会社員時代にデザインしたお花の写真とハサミをもっていった。

出会いですね!

速水さん:最初は雑用係でしたけど、オーナーがちょっとやってみるって声かけてくれて、つくったら「上手ね」って言われて。それで、自分でつくったお花が初めて店頭に飾られたんですが、そのフラワーアレンジをカップルが買ってくれたんですね。数あるアレンジの中から「It’s cute!」って。

それは嬉しいですね!素敵!

速水さん:父の影響でなんとなくはじめたお花が、このときはじめてガチっとはまったんです。自分のつくったお花で喜んでもらえるって、こんなにうれしいんだと。そこからスイッチが入っちゃって。帰国して、自分のお店をやりたいなって思いました。

お客様のイメージに合せて選んで来たお花でアレンジメント

 

生まれ育ったまちへのこだわり

稲城にお店を出すことは最初から決めていたんですか?

速水さん:はい。このまち以外は考えてなかったですね。場所にはこだわりませんでしたが、「このまちのどこかで」という気持ちがありました。

こだわったのは、どうしてですか?

速水さん:やっぱり生まれ育ったまちだから。実は、うちは6人兄弟なんですが、みんな、このまちにすごくお世話になっている。だから、このまちの人たちと触れ合いながら、必要とされ、喜んでいただけることが大切でした。

地元だと、最初から順調だったでしょう。

速水さん:それが全然(笑)誰にも負けないものが欲しいなと思って、色彩やマーケティングの勉強もして、自信満々にオープンしたんですけど。なかなかうまくいかなくて……。一時は、缶ジュース1本買うのもためらうくらい困っていました。

そんな大変な時代があったんですね。なにが転機だったんですか。


花を通して広がる輪

速水さん:お花を置いてお客様を待っているだけのやり方から、自分で外へ出ていくようになってからでしょうか。そこから、ウェディングの装花や老人ホームさんでのフラワーデザイン、個人宅の生け込みや施設の装飾など、少しずつ仕事が広がっていき、売り上げも順調に伸びて来ています。

やっぱり自分から出ていくのが大事なんですね。いまは、まちづくりにもかかわっていらっしゃるとか。

速水さん:はい。商店街の副会長をやらせていただいています。まもなく商店街が50周年で、広場を芝生にしようとか、町並みを昭和レトロな雰囲気に変えようとか、住民が楽しめて人が集まってくるような計画をいろいろ進めています。他にもまだはじまったばかりですが、市内の別の商店街の方とジョイントし、アナログとデジタルを融合させた「店と店・人と人・人と店」がつながる「稲城Web商店街」も制作中です!

その情熱、どこから出てくるんですか?

速水さん:なんでしょうね。やっぱり人に喜んでもらうのが好きなんだと思う。相談を受けるのも好きで、その人に代わって真剣に悩んじゃいますね。単なるおせっかいなのかもしれないけど(笑)

 

お花を置かない花屋をめざしています。お花を置くってことは、お客様を待つってことだから。お花がなくても注文がいただける。足を運んでいただける。そんなお店が理想。もっともっといろんなことを仕掛けていきたい。

 

第3回目の Amy’s talk、いかがでしたでしょうか。お花に対する熱い想いと、商店街をはじめ稲城市の人々のためになろうというあたたかい気持ちがとても伝わってくる取材でした。帰りがけにお花をプレゼントしてくれるサプライズも!そんな気さくで優しい速水さんがつくったバルーンフラワー、大切な方へのプレゼントにいかがですか。

Flower Shop Colon (フラワーショップ コロン)
https://www.colon87.tokyo/

Ι営業時間
平日土・10:00 – 19:00
※外出が多いため、お手数ですがご来店の際はお電話いただけますと有難いです。

Ι定休日
日曜日・祝日

Ιsns

Ιtel
070-5572-8783

Ι住所
〒206-0823 東京都稲城市平尾3‐1‐1‐36‐106(平尾団地商店街内)

Ιアクセス
・小田急線 新百合ケ丘駅よりバス10分(平尾団地下車 徒歩1分)
・京王相模原線 稲城駅よりバス15分(平尾団地下車 徒歩1分)
・小田急多摩線 栗平駅より徒歩15分
※駐車場あります(商店街にお客様駐車場あり)

エントリエはあなたらしさを応援するリノベーション会社です

私たちは、お客さまひとりひとりにとって「何が大切な時間なのか」を一緒に考え、それぞれに合うリノベーションをご提案しています。

だから、このライフスタイルマガジン エントリエも、“自分らしさ”への気づきを与えることができる発信の場として盛り上げていきたい、そんな思いで­­­つくっています。