042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

低糖質おやつのお店「しまねこや」店主 遠藤かおり – 愛しいものたち

愛しのものたち

愛しいものたち
ー手仕事作家さんの部屋ー

ひとの手で、丁寧に、
ひとつずつつくられていくものたち。
工場で大量に製造されたモノにはない、
独特のオーラやぬくもりがあって、
私たちの暮らしに彩りや安らぎを与えてくれます。
エントリエでは、
こだわりをもった手仕事作家さんに注目。
ものづくりや作品への想いをお聴きします。

《 低糖質おやつのお店「しまねこや」店主/遠藤かおり》

病気をきっかけに始めた「低糖質おやつ」作り

2018年6月に調布市の仙川に工房を持ちました。
お菓子は人の口に入るもの。
保健所の製造許可が必要なので、専用の自分の工房を持つのは長い間の夢でした。

でも、それ以前からもレンタルキッチンをして販売したり、
低糖質おやつの作り方や
糖質制限の考え方を伝えるワークショップを開いたりして
「しまねこや」として活動してきました。
最初は前職と並行して、その後は独立して。

きっかけは不妊治療でいろいろな検査をしたときに、
自分が「境界型糖尿病」(糖尿病予備軍)だとわかったこと。

子どもの頃からお菓子作りが大好きだったけれど、
小麦粉や砂糖を使った普通のお菓子を食べると、
血糖値がとても高くなってしまう体質だとわかって、
でも、「おやつとお茶の時間」をあきらめたくなかったのです。

地域でのつながりを大切に

幸いにも恵まれた子どもは2010年生まれ。
20113月の東日本大震災を経て、
電車で通う遠いオフィスではなく、
自宅近くではたらきたい、という思いも強くありました。

糖質さえコントロールすれば普通に暮らしていける「糖質制限」と出会い、
低糖質おやつを作ることを自分の仕事にすると決めたら、
主に子どもを通じて得ていた、それ以前からの地域でのつながりが、
びっくりするほど大きくふくらんで、
つつじヶ丘のコミュニティハウスでワークショップを開いたり、
地元の仙川はちみつを材料にできたり、
仙川の自然食品のお店でお菓子を販売することまでできるようになりました。
だからきっと、自分の選んだ道は間違っていないのだと思っています。

「かわいくておいしくてカラダに優しいおやつ」を目指して

お菓子は食べればなくなってしまう、はかないものだけど、
食べた人の心を動かし、幸せな気持ちになってもらえる。

私にしか作れない、
糖尿病の人だけでなく、
大人にも子どもにもみんなに喜んでもらえる、
かわいくておいしい、
そしてカラダに負担のない優しいおやつを目指しています。

コンビニなどでも低糖質のお菓子は手に入るようになってきたけれど、
びっくりするほど添加物がたくさん。
しまねこやではベーキングパウダーなどどうしても必要な添加物しか使わず、
できる限り無農薬や国産などの安心安全な材料を使って、
心を込めて作っています。

ワンルームマンションを改装した小さな店舗は、
お客さま一組が入られたら一杯。
でも、その一組一組、一人一人との時間を大切に、
接客させていただいています。
季節ごとのおやつのほか、
大好きな熊本の無農薬茶も扱っています。

お店へのリフォームも、
子どもの保育園友だち一家の工務店に施工してもらい
壁の漆喰や床のモザイクタイルは、
みんなでDIYしました。
商品を載せている棚板は、
世田谷産のプラタナスと調布産のケヤキです。

月替わりで低糖質おやつ4~5種類とお茶を組み合わせた「おやつセット」の販売や
地方の方への通販・注文菓子の製造もしています(ご注文承ります)。
子どもにもまだ手が掛かるのでマイペースで仕事をしていて、
仙川のお店を開けるのは週に一度程度ですが、
お店限定のバタークリームのカップケーキやムースなども販売しています。
私が気に入って集めた小物たちや野の花で彩られた、
隠れ家のような空間にも、お訪ねくださったら嬉しいです。

● 低糖質おやつのお店「しまねこや」店主/遠藤かおり

工房住所:東京都調布市仙川町1-14-35 レモンビル302
(京王線仙川駅徒歩5分。不定期営業。ブログでご確認ください)

【ブログ】 http://shimanekoya.blog.fc2.com/

【Facebook】https://www.facebook.com/shimanekoya/

【Instagram】https://www.instagram.com/shimanekoya/

あなたのこだわりを刺激する、さまざまなLIFE STYLEを発信中!

わたしたちentrieは、多摩エリアをはじめ東京(西部)に根ざしたリノベーション会社です。お客さまひとりひとりにとっての“こだわり”や“あなたらしさ”への気づきを与えることができる発信の場としてLIFE STYLE MAGAZINE entrieを立ち上げました。