042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

リノベーションのイメージに! お家の人気テイスト7選 – リノベをマナブ。 #04

リノベーションをしたいけれど、わからないことがたくさん……そんなみなさまに向け、entrieがリノベーションの基礎知識をお伝えするコーナー「リノベをマナブ」。 

リノベをマナブ。 #04
リノベーションのイメージに! お家の人気テイスト7選

自分らしいテイストで理想の空間づくりを

リノベーションによって、心地よく過ごしやすい空間をつくるとき、重要となるのがデザインのテイスト

「和風にしたい」「カフェみたいにしたい」「白を基調にしたい」……。自分らしいテイストや見た目のイメージを明確にすることで、理想の暮らしを実現できます。

この記事では、リノベーションで人気のデザインテイストを7つご紹介します。

ナチュラル

▷《施工事例》 家族とエントリエ LIFE STORY ♯7より

自然のぬくもりを感じさせる素材感や雰囲気が特徴的な、人気の高いテイスト。流行に左右されることなく自然体でいられる空間は、穏やかで癒されます。

床材には、裸足で歩いても気持ち良いオーク・メープル・バーチなどの無垢材が使われます。壁は、漆喰など素材感のある塗りが人気です。カーテンやクッションなどにコットンや生成り素材、ガーゼ等を使うと、さらに効果的。光をやわらかく反射させ、風に揺らぐ様子が、より自然な雰囲気をつくりだします。

自然素材をたくさん使った家は、小さいお子さんの住環境としても安心できます。自然のぬくもりを感じさせる素材感が好きな人や、シンプルさを求めたい人におすすめのテイストです。

モダン

▷ 《リノベーション事例》家族とエントリエ LIFE STORY ♯2より

「シンプル」「スタイリッシュ」「生活感を感じさせない無機質な部屋」といった特徴があるテイストです。「モノトーン」「直線的」で、硬い印象の素材が使われます。

色味としては、基本的に「モノトーン」が使われますが、白や黒などの色味のない無彩色だけでなく、「派手ではない色」も効果的に使って、空間をつくり上げていきます。

白をベースに、差し色として黒を取り入れますが、モノトーンの色合いのみだと寂しい場合は、赤や青、黄色など、モダンな色に映えるハッキリした色味のアクセントカラー(差し色)を使います。

和モダン テイスト

▷ 《リノベーション事例》家族とエントリエ LIFE STORY ♯4より

和室に欧米のインテリアを取り入れたテイスト。和室の温かさとスタイリッシュさが掛け合わさり、洗練された空間が人気です。

ベージュ、ブラウン、オリーブなどのアースカラーをベースとし、アクセントカラーとして日本古来からの伝統色である赤や紫、藍色などを使います。

インテリア性の高い照明器具も効果的。和紙などの照明器具をつけるだけで、一気に和モダンテイストに近づきます。
また背丈の低い家具をゆったり配置すると、より洗練されたモダンな雰囲気を演出できます。

カントリー テイスト

▷ 《リノベーション事例》家族とエントリエ LIFE STORY ♯4より

自然素材を基調とした、淡い色合いのコーディネートでまとめたインテリア。
パイン材やオーク材など、木の節目が見える家具がマッチします。また手づくりの木製家具や棚、アイアン調やアンティークの雑貨も相性抜群です。

また、ひとくちに「カントリー」調といっても、いくつか種類があります。

■フレンチカントリーテイスト

フェミニン(女性らしいかわいらしさや優しさ)」な雰囲気が特徴。
白を基調とした家具に、フレンチ風のフリルや花柄を入れ、インテリアをつくっていきます。淡いピンクを取り入れると、より可愛らしく仕上がります。
フランスの貴族が使用していたような、ゴージャスなアンティーク家具を取り入れることで、高級感のあるテイストにもなります。
また、自然素材を使ったアンティーク家具で、素朴なテイストにすることもできます。

■ブリティッシュカントリーテイスト

華やかで明るいけれど落ち着きがあり、実用的でシックなテイスト。ヨーロッパで伝統的に使われる大きな木の梁や土壁、タイル、腰壁などが使われます。シャンデリアも必須アイテム。古いものを大切にする文化から、小物や絵画を飾るのも、ブリティッシュカントリーによくあるスタイルですが、最近では自然素材を使ったシンプルでかわいいテイストも人気です。

クラシック

世界の国々の、時代ごとに格式のある模様や、彫刻のついた家具などを取り入れたインテリア。古典的で美しい空間が特徴的です。

「フランス風」、「イギリス風」、「イタリア風」など、国や地方によってさまざまなスタイルがあり、それぞれの国の文化で独自に違う、豪華で優雅な雰囲気が魅力的です。

北欧スタイル

スウェーデンやノルウェー、フィンランド、デンマークなど、北欧で多く見られる「シンプル」で「ナチュラル」なインテリアスタイル。
また、主に北欧で活動しているデザイナーの家具や照明も、「北欧スタイル」と呼ばれます。

ナチュラルな素材感を生かした、機能的でシンプルな模様や色合いが人気のテイスト。また、幾何学柄や、花や蝶など自然の動植物をテーマにしたデザインも特徴です。
白熱灯や電球色の蛍光灯などを照明に使用し、温かみのある雰囲気を出すと、より北欧スタイルに近づきます。

カフェ風

▷ 《リノベーション事例》家族とエントリエ LIFE STORY ♯3より

家にいながらカフェ気分が楽しめる、近年流行のスタイル。塗り壁やクロス、ブリックタイル貼りなど、様々なテイストがあります。

ナチュラルな雰囲気にしたい場合は、優しい色合いの木製テーブルを置き、壁やカーテン、インテリアはベージュや白を基調とし、ファブリックはリネンやコットン。アクセントとして観葉植物を置くことで、自然に癒やされるくつろぎの空間ができあがります。
間接照明やペンダントランプにするだけでも、イメージを変えることができます。

壁に作り付けた棚もカフェの特徴。リビングやキッチンで、道具や雑貨をオープンに見せることで、カフェのような雰囲気が出せます。
また黒板をうまく使う方法も。チョークでメニューのような文字を書いた黒板をインテリアとして飾っても素敵です。

自分好みのテイストで、理想の暮らしを実現!

このように、さまざまな種類があるデザインのテイスト。エントリエでは、決まったテイストはありません。

お客さまの好みのテイストをじっくり伺いながら、理想の空間づくりのお手伝いをいたします。

※この記事は、グループ会社であるリフォームプライスの「リフォーム・リノベーション テイスト別」が元となっています

 

*entrieの公式Instagramでは施工事例を掲載しています*

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ