営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

憧れるようなカッコいいインテリアが似合うAさまにオススメのアクセント壁 #13 | エイミーズレコメンド

建築士としてエントリエブランドのリノベーションを手がけるエイミーこと鈴木 栄弥(すずき・えみ)。得意なことは、“お客さまに寄り添ったヒアリング”。このエイミーズレコメンドでは、実際に施工を担当しお話を伺った、そのお客さまだから、オススメしたい! と思う仕様、そして実際に選ばれた素材をご紹介いたします。

憧れるようなカッコいいインテリアが似合うAさまにオススメのアクセント壁

ふたりの息子さまも大きくなり、ご家族それぞれの環境に変化があった今、心機一転リノベーションを決めたAさまご家族。憧れのハワイのリゾートホテルのような、「好き」をたくさん詰め込んだ、家族にとって居心地の良いお部屋を叶えるために、わたしエイミーがオススメしたいアクセント壁を、3点ご紹介します!

エイミーズレコメンド その1
「塗装で仕上げる」

塗装の壁は、手作業で塗っていくため、表情豊かな素材感のある壁にできます。仕上げ方によって、柔らかい雰囲気からスタイリッシュな雰囲気にもできます。また、塗装の色は混ぜることでオリジナルの色にもできます。壁紙で使いたい色がみつからない時、自分好みな色をオーダーし、カッコよく仕上げたい方にはオススメです!ちなみにこちらの写真は、お客さまがDIYでアクセントで一面塗っています。飽きてきたら上から色を塗り替えることもできることも塗装の良さです。


エイミーズレコメンド その2
「足場板で仕上げる」

足場板は使い込んだような風合いの味わい深い表情が魅力です。古いモノではありますが、アクセントとして一部に使うことで、周りの新しいモノとの対比で、新たなモダンでおしゃれな空間をつくることができます。自然の姿に近い素材なのでラフで安心感がありつつ、カッコいい雰囲気の空間にしたい方にはオススメです!


エイミーズレコメンド その3
「輸入クロスで仕上げる」

国内の壁紙で、好きな壁紙が見つからないとき、輸入クロスという選択肢もあります。国内品ですとビニールクロスが多いですが、海外は素材が様々あるので、発色の仕方やプリント技術の違いにより、よりさまざま柄物や色合いのクロスが存在します。その分、貼り方などの手間が変わるので、施工費も変わってきますが…一面だけ、よりインパクトのある、量産的ではない柄のクロスで、カッコよく仕上げたい方にオススメです!

商品リンク ▶︎テシード(TECIDO, LTD.)

Aさま家族が選んだのは……
「輸入クロスで仕上げる」

今回は、全体的に壁紙に白ではない色を取り入れ、印象的な輸入クロスをアクセントになる場所に採用しました! 憧れのハワイのリゾートホテルを思わせる、色合いや柄のクロスを使い、おうちにいても気分のあがる、カッコいい空間ができました。

*Aさまご家族の施工事例はこちら!


《憧れのリゾートホテルをイメージ。「好きなもの」があふれたおうち| リノベーション事例》 家族とエントリエ LIFE STORY ♯15

 

▪︎鈴木 栄弥  / emi suzuki  / エイミー
設計営業、ウェブマガジン編集長
SUZUKI Emi PORTFOLIO (entrie.net)

▼Instagram
https://www.instagram.com/amy_entrie/ 
▼リノベーション事例
https://entrie.net/category/renovation/family/

2級建築士、カラーコーディネーター、福祉住環境コーディネーター

「ジェルコデザインリフォームコンテスト」リビングダイニング部門 全国優秀賞 受賞
「RoomClip全国理想の住まいコンテスト」500万円以下部門 全国優秀賞 受賞

小学3年の時ミニチュアが好きで、建築模型が作りたくて、建築士になりたいと将来の夢になる。大学入学とともに上京し、人が楽しく暮らす住まいをつくりたいと学び、今に至る。間取りを見て生活を想像することが好き。

趣味:美味しいものを食べる、何かしらハンドメイドする、ダイビング
好きなもの:間取り図、ミニチュア

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ