042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

「火を使わないキャンドルで癒される」りえさんのインテリアトリップ♯4

『インテリアだけは、流行とか無視して、ひたすら自分の好きなものを追求するべし。』
そんな持論を持ち、エントリエで2度のリノベーションを経験をした、りえさん。
そんなりえさんが、
おうちのこだわりアイテムたちを紹介します。
*毎週土曜日更新*

 

♯4 火を使わないキャンドルで癒される

今回の旅でご紹介させて頂くのは、アロマワックスバーです。

アロマワックスバーというのは、火を使わないキャンドルのことで、ソイワックスと蜜蝋(みつろう)にアロマオイルを垂らして固めたものです。

サシェのようにクローゼットに下げたり、玄関などに飾ったり、アロマオイルの香りがほのかに香るので、お家の中のどんな場所にも使えます。

最近では、バーにドライフラワーなどをデコレーションして、見てもかわいいアイテムとして、売られていたり、自作したり……と定番アイテムになりつつあります。

そんな中少し変わったアロマワックスバーを発見しました。
こちらもまた宮古島の作家さんの作品!!!!


「いい!」と思うアイテムが沖縄の作家さんの作品が多く、何か縁があるのかしら……と沖縄に想いを馳せております……。


こちらのバーは、宮古島の素材を使っていたり、八角やコーヒー豆を使っていたり……とひと味違います。

何故かおいしそうなので、カッティングボードに置いて見ました。(笑)

クッキーみたい……。

左の物はなんとゴーヤ!

けれどとっても良い香りで、かわいいのです。

右手の物は、八角やコーヒー豆などスパイスが入っています。

更に最近、ブーゲンビリアのワックスバーを購入しました! これがまたびっくりするほどかわいいです。

私は天井の梁からぶら下げていますが、ブーゲンビリアがユラユラ揺れて、まるで小さいスワッグのよう。

これらの作品をつくっていらっしゃるのは、宮古島にある「海のそばの山小屋 indigo」さんで、雑貨屋さんです。

以前の旅で紹介させて頂いた、CHARM treeさんの作品なども置かれていたり、アロマワックスバーのWSなども開催されていたり……と本当に素敵なセンスのお店で、近くにないのもまた何だか夢が膨らむのです。

いつか絶対に行きたい場所のひとつです。本当にインテリアトリップですね。(笑)

日本だけど、遠い島の宮古島。

海を感じる素敵な場所でつくられたアロマワックスバーを部屋に飾ると、何だか呼吸がゆっくりになります。きっと宮古島はそういう場所なのだろうなあ……と、深呼吸しながら感じる毎日です。

 

■今回の旅でご紹介した作家さん

海のそばの山小屋 indigo

Instagram @umi_no_soba_no_yamagoya_indigo

 

■阿部 梨絵 / Rie Abe


ホームページ http://salongreen.net/
家族とエントリエ /リノベーション事例 http://entrie.net/family/family3/

・子宮美容協会ユニバーサル認定「子宮美容セラピスト」
・発酵マイスター
・子宮ケアごはんインストラクター
・子宮インナービューティーセルフケアエクササイズ ティーチャートレーニングコース終了

ファッションスタイリストとして活動していた中、「女性の本当の美しさは、内からの健康からしか生まれない!」とセラピストへ転進。
都内某マッサージサロン、スパ、エステサロンなどで勤務後、「子宮美容トリートメント」というオリジナルメソッドに基づくトリートメントを学び、子宮から女性の体のあらゆる不調を取り除く「子宮ケア」のプライベートサロンを横浜市都筑区にてオープン。
体のトリートメントをしていく中で、発酵食品が女性ホルモンへ及ぼす影響力を知り、体外側だけでなく、内側からも子宮ケアが可能!と発酵食品作りや通年作れるキムチの教室を主宰。
プライベートサロン兼自宅を2回に渡りエントリエでリノベーションした経緯から、空間が女性の体や心に及ぼす影響も自ら実感。衣食住全ての角度から、女性が幸せになれるアプローチができるサロンにすべく、日々邁進中。

あなたのこだわりを刺激する、さまざまなLIFE STYLEを発信中!

わたしたちentrieは、多摩エリアをはじめ東京(西部)に根ざしたリノベーション会社です。お客さまひとりひとりにとっての“こだわり”や“あなたらしさ”への気づきを与えることができる発信の場としてLIFE STYLE MAGAZINE entrieを立ち上げました。