営業時間:10:00 - 18:00 (水曜定休)

【編集部のおすすめ】りえさんのインテリアトリップ – お家を彩るアート編

こんにちは! エントリエ編集部です。これまで100回以上に渡ってお届けしてきた『りえさんのインテリアトリップ』。いくつものステキな旅と出会いました! 今回は、そんなりえさんの記事から編集部の心にグッときたアイテムをカテゴリ別に厳選します。本日は「お家を彩るアート編」です。

りえさんのリノベーション事例はこちらリノベーション事例

 

【編集部のおすすめ】りえさんのインテリアトリップ – お家を彩るアート編

 

No.1 一点もののタペストリー

こちらはフラワーアーティスト 前田 有紀さんによるオリジナルフラワーブランドgui(グイ)のタペストリー。美しい植物と水引の掛け合わせがどこか幸運を招いてくれそうです。『この作品を迎えた事で、より家は自分の「美術館」という意識が高まりました!』とりえさん。

過去記事はこちら>> #80 お部屋は、わたしのアートミュージアム

No.2 ニットアート作品

こちらは作家from fabricyarnさんによる手編みのニットのアート。絵画のようなこちらの作品は、毛糸などを使い丁寧に編み込まれています。「眺めているだけで、脳から幸せホルモンが分泌されるような(笑)」とりえさんも書いてくださいましたが、どこかあたたかみのあるお色味から、安らぎを感じることのできそうな作品です。

過去記事はこちら>#104 アートと暮らす私の空間

No.3 絵画のようなお花アート

りえさんのおうちに招かれる数々の「お花」がモチーフのインテリアたち。こちらはbunmiさんによる、造花を取り入れた立体と平面が合わさるユニークな作品。アートは『「ガソリン」みたいな物だと思っています。ガソリンが無くては車は走れない。忙しない毎日を駆け抜けるための、大切なエネルギーです』というりえさんの言葉が印象的でした。

過去記事はこちら>> #110 アートは毎日のガソリン

No.4 オーダーメイドの絵画

こちらはエントリエでのリノベーションや記事連載も行っているmayamoonさんによる作品です。しかも、「自分に似合う絵画」としてオーダーをうけてくださるのだそう。1点ものというだけではなく、「私のための」作品が家にある幸せ、何にも変え難い贅沢ですね。

過去記事はこちら>> #112 オーダーメイドという贅沢以上、【編集部のおすすめ】りえさんのインテリアトリップ 「お家を彩るアート編」でした!

>>>過去のインテリアトリップ一覧はこちら<<<

ボタン▪︎阿部 梨絵 / Rie ABE

ホームページ http://salongreen.net/

家族とエントリエ /リノベーション事例 http://entrie.net/family/family3/

・子宮美容協会ユニバーサル認定
 「子宮美容セラピスト」
・発酵マイスター
・子宮ケアごはんインストラクター
・子宮インナービューティーセルフケア
 エクササイズ ティーチャートレーニングコース終了

ファッションスタイリストとして活動していた中、「女性の本当の美しさは、内からの健康からしか生まれない!」とセラピストへ転進。都内某マッサージサロン、スパ、エステサロンなどで勤務後、「子宮美容トリートメント」というオリジナルメソッドに基づくトリートメントを学び、子宮から女性の体のあらゆる不調を取り除く「子宮ケア」のプライベートサロンを横浜市都筑区にてオープン。体のトリートメントをしていく中で、発酵食品が女性ホルモンへ及ぼす影響力を知り、体外側だけでなく、内側からも子宮ケアが可能!と発酵食品作りや通年作れるキムチの教室を主宰。プライベートサロン兼自宅を2回に渡りエントリエでリノベーションした経緯から、空間が女性の体や心に及ぼす影響も自ら実感。衣食住全ての角度から、女性が幸せになれるアプローチができるサロンにすべく、日々邁進中。

 

entrie公式LINE@
下記のボタンから、「友だち追加」毎日更新中のLIFE STYLE MAGAZINE entrieやイベント情報を配信中♩
※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

友だち追加

Instagramからリノベーション事例写真をご覧いただけます*。

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ