042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

りえさんのインテリアトリップ
『♯14 服を選ぶように壁紙を選ぶ』

『インテリアだけは、流行とか無視して、ひたすら自分の好きなものを追求するべし。』
そんな持論を持ち、エントリエで2度のリノベーションを経験をした、りえさん。
そんなりえさんが、
おうちのこだわりアイテムたちを紹介します。

○りえさんのリノベーション事例>>>http://entrie.net/family/family3/

*毎週土曜日更新*
○過去のインテリアトリップ一覧>>>
http://entrie.net/category/trip/

♯14 服を選ぶように壁紙を選ぶ

今回のインテリアトリップは、「壁紙」です。

アクセントクロスを使ったり、輸入の壁紙を取り入れたり・・・
壁紙で部屋をコーディネートする方は増えています。

そんな中でも「つい、無難な色を選んでしまう」「色柄物の壁紙をどうやって選んだらいいかわからない」「冒険できない」とのお声をたくさん頂き、
私なりの壁紙の選び方をお伝えできれば、と思います。

以前の自宅も、今回もリノベの際にはまず、メインとなる壁紙を決めてから、その他のアイテムを決めていきました。

こちらは前の家ですが、メインとなる壁紙は、WALPAさんで見つけた花柄の壁紙。

びっくり価格だったのですが(笑)、ここは妥協せずこの壁紙に合わせてテーブルや、色合わせなど決めていきました。

床材や設備に資金を回せない場合、壁紙の方が多少高くてもコストを抑えられますし、そこに投資するのもおススメです。

めちゃくちゃ派手ですが(笑)、壁紙の色柄に合わせて他も決めていくと、しっくりきます!

ポイントはだいたいメインカラーを3色くらいまでに決めて、合わせていくこと。

多色使いの壁紙の場合は、その中から2〜3色拾って、その他のインテリアに使っていくとよいかと思います。

今の自宅のメインの壁紙です。

こちらもWALPAさんで見つけました。
もう廃盤になってしまいました(涙)・・・

多色使いですが、この中から
イエロー、ピンク、グレー、ホワイトなどを拾えばまとまりやすくなります。

あとは、足し算と引き算のバランスです。

一面を多色使いの壁紙にしたら、床や壁、天井は素材や色に
落ち着いた物を選び、面積の大きい家具や鏡も色を使わない・・・など。

細かい物は、濃い色を合わせても大丈夫です。

小さいお子さんがいる家ほど、お子さんに合わせた子供用の壁紙など使わず、
自分の好きなビビッと来る壁紙を取り入れるのがおススメです。

「子どもがいる」ということと、「子どもらしくないインテリアを楽しむ」ということが、
ファッションでいうところの、「デニムにヒールを合わせる」「スーツにスニーカーを履く」みたいな感覚ではないかと。

そんな風に、壁紙を、インテリアを自分の生活の中で楽しんで欲しいなあ、と思います。

■今回の旅で紹介したお店

○WALPA
*使用されている壁紙は廃盤もしくは、販売されていない可能性もあります

https://walpa.jp/

■阿部 梨絵 / Rie Abe


ホームページ http://salongreen.net/
家族とエントリエ /リノベーション事例 http://entrie.net/family/family3/

・子宮美容協会ユニバーサル認定「子宮美容セラピスト」
・発酵マイスター
・子宮ケアごはんインストラクター
・子宮インナービューティーセルフケアエクササイズ ティーチャートレーニングコース終了

ファッションスタイリストとして活動していた中、「女性の本当の美しさは、内からの健康からしか生まれない!」とセラピストへ転進。
都内某マッサージサロン、スパ、エステサロンなどで勤務後、「子宮美容トリートメント」というオリジナルメソッドに基づくトリートメントを学び、子宮から女性の体のあらゆる不調を取り除く「子宮ケア」のプライベートサロンを横浜市都筑区にてオープン。
体のトリートメントをしていく中で、発酵食品が女性ホルモンへ及ぼす影響力を知り、体外側だけでなく、内側からも子宮ケアが可能!と発酵食品作りや通年作れるキムチの教室を主宰。
プライベートサロン兼自宅を2回に渡りエントリエでリノベーションした経緯から、空間が女性の体や心に及ぼす影響も自ら実感。衣食住全ての角度から、女性が幸せになれるアプローチができるサロンにすべく、日々邁進中。

エントリエはあなたらしさを応援するリノベーション会社です

私たちは、お客さまひとりひとりにとって「何が大切な時間なのか」を一緒に考え、それぞれに合うリノベーションをご提案しています。

だから、このライフスタイルマガジン エントリエも、“自分らしさ”への気づきを与えることができる発信の場として盛り上げていきたい、そんな思いで­­­つくっています。