042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

感じるイタリア
『♯8 特別な時間をデザインするvol.1』

感じるイタリア ーロレーナ・アレッシオの世界ー

『♯8 特別な時間をデザインするvol.1』

“イタリアの住まい” は、私たちエントリエが住まいづくりをする上で大切にしている、「家族にとっての至福の時間」 「自分らしく生きること」と共通する想いでつくられています。それを私たちに教えてくれた、世界各地で活躍するイタリア人女性建築家である、ロレーナ・アレッシオさん。
今回は、ロレーナさんのプロジェクトチームが手がけた、アクティビティセンターについて紹介します。
*感じるイタリア ロレーナさんとの出逢いはこちら【http://entrie.net/italy/lorena01/

 

[Collider Activity Center]
クライアント:ウォールトピア
プロジェクト:コライダー・アクティビティ・センター、
ブルガリア – ソフィア – Climb!

主任設計建築士: マルコ・ブリジオ
プロジェクト建築士:シルヴィオ・マルサニク
設計マネージャー:エレーナ・アッバーテ
プロジェクト・チーム:建築士・キアーラ・ブルザーティ、建築士・ヴェロニカ・コンバ
アート・ディレクター:ロザーリ・アレッシオ
全フロア面積:8000平方メートル

このプロジェクトは二つの主要コンセプトに基づいている。それは、「公園と建物によって定められる総合的スペースの設計」と、「景色、高さの変化、季節の移り変わり、色、影
等々のような様々な感覚に基づいたスペースを『歩いて通り抜ける』体験とのユニークな調和を生み出すこと。」

コンセプト

公園、コライダー・アクティビティ・センター、オープンエアー・エリア、そして*ボルダー(*ボルダーはボルダリングやクライミング用の岩のこと)が、敷地どこからでも、
目に入る空間を構成している。
建物自体が、クライミングができるようになっており、それは岩にも似ていて、それぞれの階で体験できる。

人々はその周りを緑の小道に沿って歩けるし、それを「登る」こともできる。そしてそれは、各階に入口がある建物全体を横切っている屋上の道を通り抜けて、レストラン、ジム、ファントピア、屋上バーなどに通じている。
建物は、岩の構成にも似ていて、野外劇場、ボルダー、ロックトピア同様、公園の一部になっている。それは細長く、敷地全体に延びている。公園の中の様々な道は、周囲に存在する建物と敷地をつないでいる。

 

プロジェクトの総面積は、床面積の割合が2000平方メートルを超えないようにするため、6階立てで約8000平方メートルである。

次回、vol.2へつづく・・・

訳:穴沢ジョージ

 

■Profile
Lorena Alessio (ロレーナ・アレッシオ)

創設者・建築家
プラット・インスティテュート修士号
日本大学博士号

1994年〜1998年の間、日本大学理工学部大学院博士後期課程建築専攻に在籍。現在は、母校であるイタリア・トリノ工科大学の建築・都市デザイン学部の准教授として教育に携わると同時に、トリノで建築・都市デザイン事務所を共同主宰。
トリノ工科大学での国際的な建築デザインワークショップの企画や運営、様々な地域で行なわれるワークショップなどへも積極的に参加し豊富な経験を持つ。日本、韓国、台湾、アメリカなどでシンポジウム、講演、国際ワークショップ、展覧会も積極的に行っている。また、日本の現代建築を世界に紹介する著作も多数。
日本が好きで、とても気さくな笑顔の絶えない方です。

エントリエはあなたらしさを応援するリノベーション会社です

私たちは、お客さまひとりひとりにとって「何が大切な時間なのか」を一緒に考え、それぞれに合うリノベーションをご提案しています。

だから、このライフスタイルマガジン エントリエも、“自分らしさ”への気づきを与えることができる発信の場として盛り上げていきたい、そんな思いで­­­つくっています。