営業時間:10:00 - 18:00 (水曜定休)

《毎月更新》2021年10月 ラベンダー師匠の直感 アタルかもしれない占い

月に一度のお楽しみ! オラクルカードやタロット、九星をベースにしたスピリチュアルカウンセラー ラベンダー師匠の直感 当たるかもしれない占い
“占いをしても、答えは常に自分の中にある”そんなメッセージを伝えている師匠から、2021年10月「あなたらしく生きる」ためヒントを頂きましょう!

6枚のアイテムの中から、直感で選んだアイテムをクリック。今月のメッセージをチェックしよう!

 

 


 

MILKを選んだあなたへ

『EXIT

今月MILKを選んだあなたへ、「出口」、「休息」、「次」、「緑」というキーワードが降ってきました。なにかピンとくるものはありますか?

ひょっとして最近のあなたは、なにか、ずっと走り続けているような疲労を感じていらっしゃるのではないでしょうか。きっと100メートルダッシュのような短距離走の感覚ではなく、もっと長く、3000メートル持久走のような感覚で、ここしばらくずっと続けているようなことが。もしそうだとしたら、このゴールはもうすぐのようです。本当にお疲れさまでした!

しばらくゆっくり休んだら? とおすすめしたいところですが、あなたの脳裏にはすでに次に目指すゴールが浮かんでいそうです。なんという頑張り屋さんでしょう! ですが、「努力の先にこそ成功がある」というのは、案外人間の思い込みなのかもしれません。

「棚からぼたもち」ということわざが昔から存在しているように、幸運は、頑張ったからこそ手に入る、というものでもないのかもしれませんよ? 目指したいゴールがあるのは、とても素敵なことです。でも、休めるときに休んでおくのも得策だと思うのです。

つぎの持久走に挑む前に、英気を養って、心身ともに最高のコンディションでいてくださいね。いずれまたあなたは、走り出すはずですから。


 

JOKERを選んだあなたへ

『葛藤

今月JOKERを選んだあなたへ、「戦い」、「感情」、「コミュニケーション」、「白」というキーワードが降ってきました。ピンとくるものはありますか? 今月のキーワードから何のヒネリもなく恐縮ですが、今のあなたはどうも、何かに迷っていらっしゃるように思えてなりません。それも、白か黒か、のようにはっきりした選択肢ではない事柄で、迷っていらっしゃるのではないでしょうか。

迷うのは、まだ納得のいく選択肢が現れていないからだ、と私は思います。その理論でいくと、迷っている間は、好きなだけ迷っていていいのです。だって、「これだ!」という選択肢がないんですものね? しかたありません。

全く些細な例で恐縮なのですが、私は毎回食事のたびに、何を食べたいか、とっても真剣に選びます。「今の私は、何を食べたいのか。そもそも、今、私は、何か食べたいのか否か。」そこから実に真剣に自分に問いかけます。

そのような問答を経て辿りついた先に食べた物は、とてつもなく味わい深く、深い満足感を私に与えてくれるのです。

反対に、ただ食事の時間になったから、というだけの理由で食事を摂り、ただ手近にあったからというだけの理由で選んだ食べ物からは、全くといっていいほど満足感は得られず、むしろ、「食べなければよかった」という後悔さえ残ります。

だから、迷い、葛藤する、という過程はとても重要だと私は常々思っています。真剣に熟考した後の決断は、必ずあなたに満足をもたらしてくれるはずです。

まだ「これ!」という選択肢がなく迷い続けている段階だとしたら、ファイナルアンサーが現れるまで、待ったり迷ったりしていいのではないでしょうか。きっと全てが終わったあと振り返ると、その迷っていた過程さえ、いとおしく思えるはずですから。


 

DOORを選んだあなたへ

『Invisible


今月DOORを選んだあなたへ、「知識」、「重圧」、「願い」、「黄色」というキーワードが降ってきました。ピンときたものはありますか?

ひょっとすると現在のあなたは、「目に見えないもの」をたくさん抱えていらっしゃるのでしょうか。今月のキーワードとして前述した「知識」や「重圧」、「願い」は、その最たるものですね。

しばらくはこの道を進み続けるような雰囲気です。あなたのなさってきたことが、形として具現化するのは、もう少し先になるのかもしれません。でも、その道中を一人で行く必要はないのです。

知識を養う際も、重圧を感じるときも、願いを胸に抱く瞬間も、あなたには、それらを分かち合う仲間がいるはずです。お金のように、キッチリきれいに皆と分けられるものは、扱うのがとても簡単ですが、目に見えないものは、そうはいきません。与える側と受け取る側の、そのモノに対する感覚が違うことも多々あります。目に見えないからこそ、かえって分かち合うのが難しいのです。

今のあなたは、そのような「目に見えないもの」を周囲と分かち合うのが、テーマのように感じます。目に見えなくても、心にはずっと残るものって、たくさんあります。知識も、思い出も、その一つです。

今月は、形のないものに注目してみてください。きっと、心が洗われるような経験ができると思いますよ。


 

ROJOU ENGEIを選んだあなたへ

『たくさん』

今月路上園芸を選んだあなたへ、「不確かさ」、「迷い」、「消えゆくもの」、「虹」というキーワードが降ってきました。なにか心に響くものはありますか? 突然お尋ねして恐縮ですが、あなたが現在目指しているゴールや、目的って、何でしょうか?

僭越ながら私には、あなたが今、どこを目指しているのかわからないまま彷徨っている旅人のように見えるのです。

「風来坊」という言葉があるように、風に吹かれるまま気ままに旅する旅人もいて良いと思います。目的地を決めずに行く旅って、ワクワクしますし、とてもリフレッシュできますよね。ただ、現在のあなたは、その「目的地のない旅」を楽しんでいるように見えないのが、気がかりなところです。

人生はよく、旅に例えられます。RPGのように、一つ一つのゴールやクエストをこなしながら成長し、物語の終着点となる大目的を果たして大団円を迎えるわけですが、なにも、最速でクリアすることだけが人生の目的ではないと、私は思います。

もしあなたが今、どこに向かっているのか、人生の目標を見失っているような気持ちでいらっしゃるとしても、あなたは確実に、毎日旅をすすめているのです。何も進歩していないようにみえても、しっかり毎日を生きています。

目的がはっきりしない日々があっても、なんらおかしくないと思うのです。毎日の小さなことに、目を凝らし、耳を澄ませて、その24時間の旅路を楽しんでみてください。24時間もあるのです。きっと面白いことや嬉しいこと事の一つや二つ、起こるはずです。

それを毎日繰り返しているうちに、「自分の人生の目的とは」なんてことを悩んでいる暇もないほど、毎日が楽しさで満ち溢れていると気が付くことでしょう。


 

TANUKIを選んだあなたへ

『進退』

今月たぬきを選んだあなたへ、「意気揚々」、「弟子」、「夢」、「茶色」というキーワードが降ってきました。思い当たるものはありますか? なにか、進退を迷っていらっしゃるような事柄をお持ちなのでしょうか。

あなたご自身は、進みたくて仕方ないのに、あなたをまだ必要とする人たちを残していけずに進めないでいる、というような状況が感じられます。もしそんな状況にいらっしゃるのだとしたら、とてもフラストレーションがたまっていらっしゃることとお察しします。

私自身は、とても「自分勝手に生きること」をモットーに掲げているような人間です。私がどこかへ行きたいと感じたら、万難を排して、行くようにしています。どこかへ行きたい、なにかをやりたい、という衝動は、人生を進めるうえで重要な「サイン」だと思っているからです。

あなたもこころのところずっと、そのようなサインを心の内側から受け取っていらっしゃるのではありませんか?

その「行きたいサイン」が、短時間で過ぎ去るような衝動ではなく、何日も、何週間も消えずにくすぶっているような灯ならば、今月はぜひ、行動に移してみてはいかがでしょう。

行動に移すことが可能となるタイミングが、あなたに訪れる時期なのかもしれません。いざ、挑戦できるタイミングがきた場合、あなたはすぐに動き出せますか?

「幸運の女神に後ろ髪はない」とよく言われます。あなたの前にチャンスがやってきたとき、出会い頭にその前髪をつかむ準備はできていますか? モタモタしている余裕はありませんよ!

まずは、あなたの望むものをクリアにしておいてください。まさにその望むものが目の前に現れたとき、逃さずしっかり掴めるように。


 

OOMORI CHAHANを選んだあなたへ

『Vulnerability』

今月大盛りチャーハンを選んだあなたへ、「虚勢」、「ひとりだち」、「一旦停止」、「赤」というキーワードが降ってきました。なにか胸に沁みるものはありますか?

あなたは今、腹を割って頼れる人が、周りにいるでしょうか。私にはどうしても、あなたが孤軍奮闘しているように感じられてならないのです。人間は身体の構造上、常に360度見渡すことができません。視界の広い人でも、見えてせいぜい140度程度でしょう。つまり、人間には絶対的に弱点があるのです。それって、しかたのないことです。

生物は常に、必要のある機能を進化させ、必要のない機能を退化させてきました。きっと人間には、後ろを見る機能は必要なかったということなのでしょうね。それはどうしてだと思いますか? 私は、きっと人間には、後ろを守ってくれる仲間が居るからだと思うのです。

私はスパイ映画や、地球あわや滅びる系の映画が大好きでよく見るのですが、そのような映画では、主人公が危機に瀕したとき、共に戦う仲間がいう言葉に “I got your back”というセリフがあります。「お前の後ろはオレが守ってやるからな」みたいな意味ですね。

きっとあなたにも、後ろを守ってくれる誰かがいるはずです。ひとりで360度を守らなくてもいいのです。

今月は、あなたのbackを任せられる人を、ぜひ探してみてください。

 


■ Design by エムラヤスコ

 

ラベンダー師匠(Lavender field)

ラベンダー師匠(a.k.a Lavender Field)

note : https://note.com/at_field_

スピリチュアルカウンセラー。オラクル、タロット、ルノルマンなどのカードリーディングおよび心理学を使用。一般的な統計学の枠にハマらないオーダーメイドのスピリチュアルカウンセリングで、クライアントの望む未来を実現する手伝いをしている。「未来とは自分で創るもの」が口癖。ときに辛口だけど、優しく人生に伴走してくれる「ラベンダー師匠」と親しまれているが、いつもは『Lavender Field(ラベンダー・フィールド)』として占いに従事。

ラベンダー師匠の個人セッションに申込む

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ