営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

  • Instagram
  • Youtube

良い運気に恵まれつづけるヒント |ラベンダー師匠の直感アタルかもしれない占い column vol.04

月に一度のお楽しみ! 月に一度のお楽しみ! オラクルカードやタロット、九星をベースにしたスピリチュアルカウンセラー ラベンダー師匠の直感 当たるかもしれない占い。

2022年4月まで、カード占いでメッセージを伝えてくれたラベンダー師匠。今月からは「占い」で得てきたさまざまな学びを通して、テーマごとにメッセージを伝えるコラムをスタート! “スピリチュアリティを活用してよりよく暮らすための、ちょっとしたヒント”をいただきましょう。今月は「良い運気に恵まれること」がテーマです。


良い運気に恵まれつづけるヒント |ラベンダー師匠の直感アタルかもしれない占い column vol.04

お久しぶりです、スピリチュアルカウンセラー ラベンダーです! はやいもので、2022年ももう半分過ぎてしまいましたね! 急に暑くなってまいりましたが、皆さんお元気でお過ごしですか?

梅雨があけて、空が青く、夏が感じられるようになってくると、つられるように心がウキウキし始めるのは、私が夏生まれだからでしょうか。今回は『良い運やラッキーに恵まれていると感じるとき、どんなことを心がけるといいか』というテーマで書いてみたいと思います。

「ラッキー」ってどんな状態? 良い運気を感じているときに起こっていること

ここで「ラッキー」と感じるときにどんなことが起こっているのかを考察してみましょう。

わたしは、ラッキーな出来事には、2タイプあると思っています。

ひとつは、自分が以前から願っていたことが叶ったというタイプ。もうひとつは、願ってもみないようなことが勝手に起こったというタイプです。どちらも嬉しく感じられるという点では同じですが、人によっては、後者のほうがより嬉しく幸運に感じられるかもしれません。

しかしスピリチュアル的に考察してみますと、実は両方とも「あなたが引き寄せた・創り出した」幸運なのです。

最近わたしが感じたラッキーな出来事を、具体例として出してみますね。

わたしはずっと犬を飼いたいと思っているのですが、今住んでいる住宅では犬は飼えません。しかも旅行も好きなためその度に預けることを考えると……やはり、新しい家族として犬を迎えることになかなか踏み出せずにいます。

そんなわたしは最近、早朝に川沿いを散歩する習慣を再開しました。暑くなる前の早朝の川沿いの散歩道は、大きな桜並木の木陰が涼しく、せせらぎ(を通り越してドウドウという轟音に近い)の音と何種類もの鳥のさえずりが聞こえて、とても心地よいのです。

自分が心地よいと感じるがままに行動していたところ、その散歩コースで、毎朝、何匹ものかわいい犬たちに出会うようになりました(その中には私が飼いたいと望んでいる大型犬も!)。思いがけず、心癒される時間を過ごせています。

……と、まぁ、このようにですね、「犬を飼いたい」という願望がダイレクトに叶ったわけではありません。ただ、「かわいい犬と触れあいたい、癒されたい」という根底の願いは、叶ってしまったと捉えることはできるんです。

つまり、あなたが願った形どおりではなかったけれども、結局その出来事はあなたを幸せにしてくれた、という、パターン2のタイプの幸運も、元をたどれば“あなたが願って創造した事柄だった”というわけです。

ラッキーをもっともっと受け取り続けられるのもあなた自身の力

みなさんは最近「やったー!ラッキー!」と感じるようなこと、何かありましたか? 思い起こしてみてください。

ラッキーなことが起こると、そんな幸運が続いてほしいと思うのが人の常ですよね。ひょっとすると、「こんなにラッキーなことが起こるなんて、次は逆にアンラッキーな出来事が降りかかるかもしれない……」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

でもちょっと待って! 幸運を「継続させる」ことって、実は可能なんです。結論からいうと、その方法は「あなたのラッキーセンサーの感度を上げる」ということです!

ラッキーセンサー。なんか安っぽいガジェットみたいなネーミングになりましたね(笑)。しかしこれは私たちにとって大変大事な機能なんですよ! 簡単に説明しますと、わたしたちひとりひとりが、何をもって「ラッキー!」と感じるか、そのハードルを下げる、ということです。

あなたが、何をもって「ラッキー」と感じるか。その感度を高めてみてください。嬉しいこと、ワクワクする事を日常の中でたくさん探して、感知するよう心がけてみてください。

「ツイている人」=「ツイていると自分を認識している人」なのです!

「そうはいっても……」
何に対しても喜べないときの対処法

「そんなこと言っても、アンラッキーとしか思えないことも日々起こるし、ラッキーってそうそう起こらないよ」と思っている方もきっといらっしゃることとお察しします。

そんな時には、スピリチュアル界の大家による書籍エスター・ヒックス, ジェリー・ヒックス 著『新訳 願えば、かなうエイブラハムの教え―――引き寄せパワーを高める22の実』(2016, ダイヤモンド社)から「感情のスケール」を参考にしてみてはいかがでしょう。

感情のスケールとは、ざっくり言うと、感情にはいろいろな段階があり、例えば「無力感」や「不安」や「憤り」などの幸せとは程遠い感情から一気に「愛」や「幸福感」という感情を感じようとするのは、結構無理があるよね、ということなんです(詳細は割愛しますので、ご興味のあるかたはぜひ”感情のスケール”で検索してみてください)。

「『日々の暮らしの中で喜べることを探してください』なんて提案されても、できないし!」と感じるような時には、この感情の段階の中で、少しでもマシな段階に位置している感情を感じるよう、やってみてください。

「無力感」より「怒り」、「怒り」より「不満」、「不満」より「楽観」というように、少しずつ、感情(=気分)を上げてみるのです。そうして徐々に、良い感情レベルに自分を保てるようになってくると、前述したラッキーセンサーの感度が高まってきて、さまざまなことをラッキーだと感じられるようになってくる、というわけです。いかがでしたか?

わたしってラッキー!」と感じられるような理由を、ぜひセンサーを高めて、みつけてみてくださいね。みなさん、元気に素敵な7月をお過ごしください!

 

ラベンダー師匠(Lavender field)

 

ラベンダー師匠(a.k.a Lavender Field)

note : https://note.com/at_field_

スピリチュアルカウンセラー。オラクル、タロット、ルノルマンなどのカードリーディングおよび心理学を使用。一般的な統計学の枠にハマらないオーダーメイドのスピリチュアルカウンセリングで、クライアントの望む未来を実現する手伝いをしている。「未来とは自分で創るもの」が口癖。ときに辛口だけど、優しく人生に伴走してくれる「ラベンダー師匠」と親しまれているが、いつもは『Lavender Field(ラベンダー・フィールド)』として占いに従事。

ラベンダー師匠の個人セッションに申込む

■ アイキャッチデザイン by エムラヤスコ

 

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ