042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

りえさんのインテリアトリップ
♯51  体にやさしくレトロで可愛いインテリア

『インテリアだけは、流行とか無視して、ひたすら自分の好きなものを追求するべし。』
そんな持論を持ち、エントリエで2度のリノベーションを経験をした、りえさん。
そんなりえさんが、
おうちのこだわりアイテムたちを紹介します。

○りえさんのリノベーション事例>>>http://entrie.net/family/family3/

*毎週土曜日更新*
○過去のインテリアトリップ一覧>>>
http://entrie.net/category/trip/

♯51  体にやさしくレトロで可愛いインテリア

今回のインテリアトリップ、テーマは「入浴のお供」。そう「入浴剤」です! 私自身も入浴剤が大好きで、自作のバスソルトから炭酸入浴剤やアロマバスやらとにかく試してきました。本格漢方入浴剤や、ヨモギ蒸しに使った液を入れた「ザ・薬用」な物まで。(家族からは悪評でしたが笑)

そんな中、美容家の方が雑誌でおススメしていた『オンセンス』という入浴剤。『オンセンス・パインバス オンセンス』は、松葉エキス(松柏科植物の精油)に、数種の薬剤を配合しています。松の葉がそんなに良いのかしら? とちょっと調べてみたところ、こんな情報を見つけました。

松葉浴(松の葉を200~300gゆでて、その煎(せん)液をお湯に入れるか、松葉を袋に詰めてお風呂に浸す)をすると体を持続的に温め、湯上がり後もポカポカして神経痛やリウマチ、腰痛、五十肩に効果があります。(以下「薬用入浴剤オンセンス」公式サイトより抜粋)

なるほど、松の葉は体に良いんだな、と納得したわけですが、いちいち松の葉をお風呂に入れるのも面倒な話。そこで『オンセンス』の出番です。お風呂に溶かすだけで、松葉の香りとなんともノスタルジックな緑色の水色がリラックスを誘います。ほんと、昔の入浴剤って感じですよ。当然ながらそれだけではありません。『オンセンス』が水質をやわらげ、保温効果を高めてくれるから、体の芯からポカポカと温まります。

パッケージは何種類かあり、昭和初期の発売当初のレトロな物と悩みましたが、一目惚れしたこちらにしました。

蓋には松のイラストと、レトロな文字。

インダストリアルなインテリアにも馴染んでくれます。容器を移し替え無くても(むしろ変えたくない!)わりとどんなテイストのインテリアにも馴染んでくれるかと思います。

夏場の冷え、季節の変わり目の不調にも効果的で、インテリアとしても優秀。なかなか店舗では見かけないですが、オンラインではアマゾンや楽天などで気軽に買うことができます。

パッケージも何種類かあるので、次はレトロな物も購入してみようかと思っています。

阿部 梨絵 / Rie Abe


ホームページ http://salongreen.net/
家族とエントリエ /リノベーション事例 http://entrie.net/family/family3/

・子宮美容協会ユニバーサル認定「子宮美容セラピスト」
・発酵マイスター
・子宮ケアごはんインストラクター
・子宮インナービューティーセルフケアエクササイズ ティーチャートレーニングコース終了ファッションスタイリストとして活動していた中、「女性の本当の美しさは、内からの健康からしか生まれない!」とセラピストへ転進。
都内某マッサージサロン、スパ、エステサロンなどで勤務後、「子宮美容トリートメント」というオリジナルメソッドに基づくトリートメントを学び、子宮から女性の体のあらゆる不調を取り除く「子宮ケア」のプライベートサロンを横浜市都筑区にてオープン。
体のトリートメントをしていく中で、発酵食品が女性ホルモンへ及ぼす影響力を知り、体外側だけでなく、内側からも子宮ケアが可能!と発酵食品作りや通年作れるキムチの教室を主宰。
プライベートサロン兼自宅を2回に渡りエントリエでリノベーションした経緯から、空間が女性の体や心に及ぼす影響も自ら実感。衣食住全ての角度から、女性が幸せになれるアプローチができるサロンにすべく、日々邁進中。
entrie公式LINE@
下記のボタンから、「友だち追加」毎日更新中のLIFE STYLE MAGAZINE entrieやイベント情報を配信中♩
※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

友だち追加

 

follow me on Instagram

↑こちらでリノベーション事例写真をご覧いただけます*。

エントリエはあなたらしさを応援するリノベーション会社です

私たちは、お客さまひとりひとりにとって「何が大切な時間なのか」を一緒に考え、それぞれに合うリノベーションをご提案しています。

だから、このライフスタイルマガジン エントリエも、“自分らしさ”への気づきを与えることができる発信の場として盛り上げていきたい、そんな思いで­­­つくっています。