営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

《広々とした中古マンション。空間を余すところなく使った理想のリノベーション | 施工事例》 家族とエントリエ LIFE STORY #31

「過ごしやすさで言えば、こたろう(わんちゃん)のこともたくさん考えましたね。やっぱり、家族ですから」

大切なご家族であるワンちゃん、元気いっぱいの長女さん、そしてもう少しで誕生する赤ちゃんのためにリノベーション決意したKさまご家族。広い中古マンションをそれぞれの家族が過ごしやすいようにという願いと、ご夫婦それぞれが思い描いていた住まいにするために、ワクワクしながら準備を進めました。

  • 東京都稲城市

  • マンション(築20年)

  • 鉄筋コンクリート造

  • 費用:1,260万円(解体費・各種工事費用・デザイン費用全て含む)

  • 面積:111㎡

家族構成:
ひろしさん(夫、40代)、ゆみさん(妻、30代)、長女、わんちゃん

話し手:
ひろしさん、ゆみさん

リノベーションを考えたきっかけを教えてください。

ひろしさんもうひとり子どもを迎えることと僕も週2で在宅勤務ができるのでワークスペースがほしいとなると、前の家だと手狭になるなと感じたんです。内覧後、すぐに気に入ったのがこのマンションでした。

ゆみさん犬も飼っていますし、やっぱり広さですよね。ワークスペースを設けた新築も内覧に行きましたが、完全個室ではないので、子どもが入らないように……などを考えていると、リノベーションがいいかなと。

エントリエの決め手を教えてください。

ゆみさんWebサイトで2社に絞り込んだうちのひとつでした。よく見たのは施工事例で、ポイントは“自分の希望がかなえられそうか”でしたね。比較段階で値段はそこまで変わらないことがわかったので、最終的には何度も通うことになるので立地は重要でした。2歳の子どもを長時間連れて歩くのって大変で。エントリエのモデルルームにあるキッズスペースがあったのも助かりましたよ。

ひろしさん(同グループの)wakatte(ワカッテ)さんのWebサイトも見て、「女性目線のリノベーション」というコンセプトにも共感して、どちらにしようと思っていたらあちらの担当者である杉村 菜摘(すぎむら・なつみ)さんも少し関わってくれることになったんですよね。臨機応変に対応してくれたなって。

before

after

どのような要望を伝えましたか?

ゆみさん初回の打ち合わせでたくさん伝えたと思います! 私は家事で無駄な動きがないようにしたいという動線のこと。あとはパントリーやウォークインクローゼット、シュークローゼットなど収納をたくさんほしいということ。心配性でストックをよく持つので、人の目に触れない場所に置けるようにしたいって(笑)。

ひろしさん僕はワークスペースがほしいということと、ふたり分の子ども部屋。あとは、寝室が前の家より広くなること。もうひとつ、無駄なスペースをつくりたくなくて、ベランダ手前にあるデッドスペースを活用するのはどうしたらいいのかということを伝えたと思います。

担当者とのやりとりで印象的だったことはありますか?

ゆみさん:一回目の打ち合わせが終わって出てきた提案書が想像以上のものでした。 まず、間取りの変更がこんなに変わるんだということは、ふたりですごくびっくりしたよね。そのときに「リノベーションってすごいよね」、「次行くときには、どんな風になるんだろうね?」と打ち合わせを楽しみにしていました。鈴木さんは、気持ちをくんでくださるし、引き出してくださる力もすごかったです。

ひろしさん僕のなかでのリノベーションのイメージって、間取りはそんなに変えられないんじゃないかと思っていたんです。それが、「こんなに注文住宅のように変えられるんだ!」という驚きがありました。いただいた提案書に僕たちが手書きで希望を入れると、次の日にはメールで仕上がってくる。コミュニケーションがよく取れていたと思います。

こだわったポイントを教えてください。

ゆみさんタイルです! Instagramで素敵なお家を探していると、タイルを使っている方がたくさんいたんですよね。 ショールームまで足を運んで、吟味して、主人に見せて。壁紙も自分のテンションが上がるようなものを使いたいということで選びました。

ここまで注文住宅のように自由にできるんだわかってからは、細部のデザインからキッチンの引き出しを何段にするかまで自分が好きなように選べたのは本当に楽しかったです。

ワークスペースはいかがですか?

ひろしさん:「ここだけは僕の好きにします」と(笑)。僕もInstagramで探してネイビーの壁がいいな、と。子どもが開けないように内側から鍵もかけられるようにしてもらいました。あと、本が多いので造作の棚をつくってもらって。

ゆみさん:あと、旦那が若いときに弾いていたギターがきちんと置けるところという要望は出しました(笑)。もともと旦那は収納上手ではないんですけれど……今回きれいにできたよね!

ひろしさん:ほとんどやってくれたよね(笑)。 

リビングにあるお子さまのためのスペースも、広々と遊べていいですね。

before

after

ゆみさん:(要望にあげた)スペースの活用ができました。ソファーの後ろに、子どものおもちゃや本を置いて有効的に使えていると思います。娘も楽しんでいますよ。二番目の子も生まれるので、物が多いと「あれ触られたらどうしよう、これ触られたらどうしよう」というストレスは解消されたような気がします。

ご要望の収納、使い勝手はいかがですか?

ゆみさん:家族のお洋服やシーズンごとの飾りもの、全てまとめていますがまだまだ余るくらいあるんですよ。ウォークインクローゼットは大正解でした。子どもがいるので物が散乱してしまうこともあるんですけれど、やっぱり帰ってきたときに家がきれいだと気持ちがいいですよね。

「家族でバーベキューとかしたいね」と旦那と話していたので、シュークローゼットはアウトドア用品が置けるように土間を希望したんです。子どもが小さいうちは、ベビーカーとかも置きたくて。入ってそのままおけるのですごく便利ですよ。

ご家族であるこたろうくんも嬉しそうです。

ゆみさん:私が独身時代から寄り添ってくれている家族なので、快適で過ごしやすくしてあげたいと思っていました。洗面台を造作にして、底が平らになっているTOTOの実験用シンクを選びました。シャワーで足を洗うときに、転ばないようにと。あとは、滑らない床を選んだのでとっても喜んで走り回っています! 運動量も増えたような。

ひろしさん:一番喜んでるんじゃないかな 。 廊下も長いのでボールを投げて走っていますよね。前の家だと滑っていたからあまりできなかったもんね。この床にしてよかったね。

今後永く住む予定ということと、お子さまが増えることも想定しつつ、わんちゃん含めたご家族みんなが安心して楽しく住めるお家にしたいというご要望でした。ご夫婦のお話を聞いていると、家族のことを思い合う気持ちがとても感じられて、ここで安心して楽しく住めるお手伝いを私がぜひ出来たらと、いろいろな形を提案させていただきました。最終的には、家族が集まりやすいLDKを中心に、家事がしやすく掃除がしやすい、収納も適材適所にたっぷり、個々の居場所にも配慮した間取りになり、とても喜んでいただけました!お子さまだけではなく、わんちゃんが安心して過ごせる滑りにくいフローリングを採用いただいたり、結露がひどい北側のL型の窓は寝室の中に入らないように、あえて部屋の形を変え、あたたかさや健康に配慮し、安心安全なお家が出来上がりました。先日、新たなご家族が誕生したというとても嬉しいご報告がありました!このお家でご家族みんなが健康に楽しく、末永く暮らせることを祈っております^^

営業・設計担当 : 鈴木 栄弥より

★インタビューの様子はこちら↓↓

 

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ