営業時間:10:00 - 18:00 (水曜定休)

『思いをコンセプトに。コンセプトをデザインに』by KODAI YASUNO #10

古くなった住まいを新しくする <Re>だけでなく、住まいを通して、ご家族の「こうありたい <Be>」という願いまで実現したい……そんなエントリエのコンセプトに共感してくれた、ファッションデザイナーKODAI YASUNOさんによる連載。愛着のある洋服を染色することで、新たな命を吹き込み、クローゼットの中に眠っていた相棒を再びあなたのお気に入りの一着に。そんな一人ひとりの物語を紹介していただきます。

KODAI YASUNOとは
安野 広大(やすの・こうだい)さんが立ち上げた染色とシルバーアクセサリーのオーダーを受けるアパレルブランド。専門学校でデザインとファッションビジネスを学んだ後、WEBマーケティング会社での勤務を経て、アパレルショップ店長へ転身。2019年より自身のブランドをスタート。

#10 思いをコンセプトに。コンセプトをデザインに

今回のお客さまは、飲食店をオープンされた店長さまです。店頭で身につけるサロン(腰から下につける、丈が長いエプロンのこと)を店内の雰囲気に合う形で、おしゃれにしてほしいというご要望をいただきました。

「お客さまに語れるようなコンセプトも考えてほしい」とのことで、詳しくお話を伺っていくと「成長」と「受け止める強さ」のふたつをとても大切にされていることが分かりました。

そこで今回はこの点を上手く表現するコンセプトを考え、染色することになりました。

上を目指していく「階段」柄、自然の質感を「ムラ」で表現

ご依頼をいただいた飲食店の内装は、グリーンカラーを基調としていました。そのオーガニックな雰囲気を魅力に感じ、アースカラーをベースに染色することを決めました。

お客さまが大切にされている「成長」というキーワードを表現するために、高みを目指しのぼっていくイメージから「階段」のような柄に。また必死になって上に向かい、枝を伸ばしている木を頭に思い描きながら、上部を緑色に染色することにしました。

サロン下部は、私たち人間をはじめとしたすべての動物を「強く受け止める」大地をイメージしながら「引き染め(染料をつけた刷毛を引いて、布を染めていく染色技法)」にてブラウンに染色。全体的にあえてムラができるように染色することで、自然に近い質感を表現しました。

聴覚が難しければ「視覚」で伝える

▷お客さまの声「想像を遥かに越える、しっかりと語れるコンセプトと、おしゃれなデザインに感動! 仕事をするのが一層楽しみになった」

聴覚で伝える。語って思いを伝えることは、難しさを感じる場面も多いです。 特に飲食店の場合、1対1でじっくりと接客をするシーンが少なく、思いやコンセプトを伝えるのはとても難しいことだと思います。

けれど、店内内装をはじめとして「視覚」で伝えようとすることは可能です。

店内の統一感やデザイン・色合いなど、表現方法は無数に存在します。 思いやコンセプトの表現にお困りの方は、ぜひご相談ください。店内内装のコンセプトからデザインまで、染色で表現いたします。

● KODAI YASUNO

【Online shop】https://shop.kodaiyasuno.com/
【Instagram】https://www.instagram.com/kodaiyasuno_official/

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ