042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

りえさんのインテリアトリップ
『♯36 フラワーべースで楽しむ生花ライフ』

『インテリアだけは、流行とか無視して、ひたすら自分の好きなものを追求するべし。』
そんな持論を持ち、エントリエで2度のリノベーションを経験をした、りえさん。
そんなりえさんが、
おうちのこだわりアイテムたちを紹介します。

○りえさんのリノベーション事例>>>http://entrie.net/family/family3/

*毎週土曜日更新*
○過去のインテリアトリップ一覧>>>
http://entrie.net/category/trip/

♯36 フラワーべースで楽しむ生花ライフ

今回のインテリアトリップ、テーマの主役は「生花」です。

ドライフラワー愛好家の私にとって、生花ってハードルが高く、
かつてサボテンさえ枯らしてしまったトラウマから(笑)

「花は生である必要がない!」と長いこと思ってきました。

それでも、歳のせいか(笑)
春先になるとキレイな色の花が
たくさん花屋さんの店先に出回り、ウズウズして……。

今年はチャレンジしてみることにしました!

我が家の生花コーナー……どん!!

ミモザが旬で、どうしても飾りたく……。

いちばん手前のガラスのフラワーべースにはあえて花を入れてません。

その方がバランスがいいかと……。

まず、こちらのウルフのフラワーべース。

maltoさんのネットショップで購入。

他にも何種類かあり、迷いましたが、
花とのギャップがかわいいと思うので、
より怖そうな(笑)物をセレクト。

本当に小さいサイズなので、
一輪挿しみたいに使ってもかわいいと思います。

続いて……

ガラスのフラワーべース。
こちらは、フランフランさんで購入しました。

よーく見ると、イエローのドットが。
蓋が付いてるのもツボ!

こちらも他にレッド、ブルーがありましたが、
インテリアとのバランスでイエローにしました。

置いてあるだけでかわいいので、今は花を入れずに使ってます。

そしてこちら。なんとお値段¥700!

ビーカンパニーさんで購入。素材と色が上下で違い、かなりお値段以上です!

他にない微妙な色合いが、どんな花とも相性が良いです。

ミモザを入れてるモロッコ陶器は、以前にも紹介したイブーさんで購入。

コップとしてでなく、私はフラワーべースとして使用。

柄物ですが、モノトーンなので、
主張し過ぎず、かつ地味になり過ぎません。

生花は毎日水を変えるのがネックだったのですが(笑)
今はこの水を変える時間が、忙しい毎日のリセット時間になっています。

ほんの少しの手間と時間。
これくらいの余裕がない生活を私はずっと送っていたのだなぁ……。

小さいフラワーべースに一輪だけ。

それだけでも、心が落ち着くし、生花のパワーはすごいです。

私みたいに枯らしてしまうのがトラウマ!
という方も、生花生活、一輪から始めてみるのはいかがでしょうか?

可愛いフラワーべースを見つけて、それを生かすために花を飾る……
という逆転の発想もアリです!

夏になるまで生花ライフ、楽しみたいと思います!

 

阿部 梨絵 / Rie Abe


ホームページ http://salongreen.net/
家族とエントリエ /リノベーション事例 http://entrie.net/family/family3/

・子宮美容協会ユニバーサル認定「子宮美容セラピスト」
・発酵マイスター
・子宮ケアごはんインストラクター
・子宮インナービューティーセルフケアエクササイズ ティーチャートレーニングコース終了ファッションスタイリストとして活動していた中、「女性の本当の美しさは、内からの健康からしか生まれない!」とセラピストへ転進。
都内某マッサージサロン、スパ、エステサロンなどで勤務後、「子宮美容トリートメント」というオリジナルメソッドに基づくトリートメントを学び、子宮から女性の体のあらゆる不調を取り除く「子宮ケア」のプライベートサロンを横浜市都筑区にてオープン。
体のトリートメントをしていく中で、発酵食品が女性ホルモンへ及ぼす影響力を知り、体外側だけでなく、内側からも子宮ケアが可能!と発酵食品作りや通年作れるキムチの教室を主宰。
プライベートサロン兼自宅を2回に渡りエントリエでリノベーションした経緯から、空間が女性の体や心に及ぼす影響も自ら実感。衣食住全ての角度から、女性が幸せになれるアプローチができるサロンにすべく、日々邁進中。

follow me on Instagram

↑こちらでリノベーション事例写真をご覧いただけます*。

エントリエはあなたらしさを応援するリノベーション会社です

私たちは、お客さまひとりひとりにとって「何が大切な時間なのか」を一緒に考え、それぞれに合うリノベーションをご提案しています。

だから、このライフスタイルマガジン エントリエも、“自分らしさ”への気づきを与えることができる発信の場として盛り上げていきたい、そんな思いで­­­つくっています。