営業時間:10:00 - 18:00 (水曜定休)

totonoe LETTER #5 子どもと家

平穏な暮らしのなかで芽生える、ちょっとモヤモヤした心。その心の奥にある、あなたの願いはどんなものでしょうか。“自分の時間をもっと楽しみたい”、“自分の身体もこころも大切にしたい”。もしかすると、そんなやさしく、豊かな希望が隠れているのかもしれません。

「整えることは、今よりもっと人生をハッピーにするための準備」というエントリエのmaamu(まあむ)が“ととのえる”をテーマに、あなたの願いに近づけそうな、小さな暮らしのヒントをお伝えしていきます!

totonoe LETTER #5 子どもと家

*******************

半分から上は私の窓。
半分から下はあなたの窓。

あなたの見る世界は
どんな景色なんだろ。

 

*******************

子ども達と関わる仕事をしていて、
「お片付けや身支度を頑張っていました」
とご家族に伝えると
「普段は全然やらないのに!」
と驚かれることがよくありました。

お子さんもお外の顔を持っていて、
家族以外の人の前ではちゃんと頑張っているんですよね。

けれど、このお話、お子さんのやる気以外にもポイントが。
それは、子どもの為の施設は子ども達が使いやすい環境ということ。
幼稚園や保育所、学校は子どものための場所。

彼ら、彼女たちが暮らしやすく設計されています。
扉一つでも、その年齢に合わせた工夫がされています。

一方で、家は家族が暮らす場所。
どうしても子どもたちにとっては
難しいことも多くなるのです。

そこで、お子さんが使うモノの高さ、重さ、
扉の開け閉め、区別の仕方など
成長に合わせて定期的に見直してあげてください。

お片付け問題を解決してくれる収納は
場所や収納の仕方を工夫するだけで
あっさり行動が変わることもあります。

まずは、お子さんと相談してみてくだい。
どんなことが好きで、どんなことが苦手なのか。
このおもちゃは毎日使うモノなのか、どんな遊び方をしているのか。
そんなお話をしていくうちに、片付かない理由も見えてくる。
そこに気づくことでお子さんのモヤモヤも、
親御さんの苦労も減っていくと思います。

また、決められた場所に片づけるのではなく、
自分で考えて、家族と相談して、やってみる。
使いにくさを感じたらまた改善してみる。
主体性はそんな暮らしの中の小さなことの積み重ねで
身についていくものだと思います。

家族で暮らすお家のこと。
誰か一人が決めるのではなく、
皆で相談する習慣をととのえてみては*

 

maamu(まあむ / 大里 めぐみ / OSATO Megumi)

子どもと大人のライフスタイルを提案するプランナー。都内の大学卒業後、大好きだった担任の先生に憧れ幼稚園の先生に。北欧への視察や元気いっぱいの子どもたちと過ごす日々の中で家族や暮らしに興味を持つ。2021年8月よりホームテック株式会社エントリエ事業部に入社。子どもと子どもを取り巻く大人との多様なコミュニケーションから培った視座を生かし、これからリノベーションをするお客さまに寄り添う。好きなことは美味しいものを食べることやきれいにモノを並べること。

■資格
整理収納アドバイザー、整理収納教育士、幼稚園教諭

■Instagram
https://www.instagram.com/maamu_entrie/

 

リノベーション事例写真はこちら

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ