営業時間:10:00 - 18:00 (水曜定休)

totonoe LETTER #6 私だけの宝物

平穏な暮らしのなかで芽生える、ちょっとモヤモヤした心。その心の奥にある、あなたの願いはどんなものでしょうか。“自分の時間をもっと楽しみたい”、“自分の身体もこころも大切にしたい”。もしかすると、そんなやさしく、豊かな希望が隠れているのかもしれません。

「整えることは、今よりもっと人生をハッピーにするための準備」というエントリエのmaamu(まあむ)が“ととのえる”をテーマに、あなたの願いに近づけそうな、小さな暮らしのヒントをお伝えしていきます!

totonoe LETTER #6 私だけの宝物

********************

シロツメクサの冠は
あの頃
どんな宝石で飾られた冠よりも素敵なモノだった

********************

 

 

物の価値って
いったいどうやって決まるのでしょうか。

私は小さい頃から工作が大好きで、
可愛い空き箱や包み紙、リボンを
たくさん集めて工作の材料にしていました。
他の人から見たら、いらないモノかもしれませんが
私には宝物でした。

出しっぱなしの廃材をみかねた母に
「この箱の中
あなたの好きにして良いよ。
ただし、箱に入る量までね」と
大きな段ボール箱を用意してもらい
せっせと詰め込んでいたのを覚えています。

自分にしかわからないモノの価値を
認めて尊重してもらえたこと、
管理を任せてもらえたことが嬉しかったのを
今でもよく覚えています。
(もしかしたら母は
訳の分からない基準でモノを集め、
捨てると怒る娘にお手上げだっただけかも(笑)

けれど、今振り返ると
置き場所は母が決めていました。

☆工作をする机があるリビング
☆すぐにしまえる扉のない棚
☆箱が大きいので取り出しやすい、いちばん下の段
☆そして、箱に入る量というルール

そして、自分で管理できる範囲で任せてくれたことで
モノを所有する感覚が身についた気がします。

もう段ボールではなくなりましたが、
今も私のお家には工作箱があります。

ものを片付けるときに分類したり、
種類ごとに箱に入れたくなるのは
このおかげなのかも。

お片付けも勉強やスポーツと同じで
何も教わらずに上達するのではなく
教えてもらいながら
身につくものなのかもしれないですね。

自分や家族のお片付けレベルは
どのくらいなんだろう。

そこから考えてみると、
暮らしやすさが整っていくのではないでしょうか。

また、お子さんにお片付けを任せるときは

ぜひ、お子さんの大切にしているものから
任せてみてはいかがでしょうか。

 

maamu(まあむ / 大里 めぐみ / OSATO Megumi)

子どもと大人のライフスタイルを提案するプランナー。都内の大学卒業後、大好きだった担任の先生に憧れ幼稚園の先生に。北欧への視察や元気いっぱいの子どもたちと過ごす日々の中で家族や暮らしに興味を持つ。2021年8月よりホームテック株式会社エントリエ事業部に入社。子どもと子どもを取り巻く大人との多様なコミュニケーションから培った視座を生かし、これからリノベーションをするお客さまに寄り添う。好きなことは美味しいものを食べることやきれいにモノを並べること。

■資格
整理収納アドバイザー、整理収納教育士、幼稚園教諭

■Instagram
https://www.instagram.com/maamu_entrie/

 

リノベーション事例写真はこちら

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ