042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

りえさんのインテリアトリップ
『♯7 パントリーはお金をかけずにテンションをあげる』

インテリアだけは、流行とか無視して、ひたすら自分の好きなものを追求するべし。』
そんな持論を持ち、エントリエで2度のリノベーションを経験をした、りえさん。
そんなりえさんが、
おうちのこだわりアイテムたちを紹介します。

*毎週土曜日更新*
○りえさんのリノベーション事例 
http://entrie.net/family/family3/
○過去のインテリアトリップ一覧 
http://entrie.net/category/trip/

 

♯7 パントリーはお金をかけずにテンションをあげる

今回のインテリアトリップは、トリップというよりは、近所の公園に散歩・・的な旅です笑
いつも、お気に入りのインテリアアイテムなどをメインに紹介させて頂いているのですが、
先日、自宅で開催している発酵食品のレッスンにいらして下さったお客様が、我が家のベランダに洗濯物が干してあるのを見て「なんだか、こういうの見るとちょっと安心します!生活感があって・・」とおっしゃっていたのが印象的で・・
自宅の空間を紹介する際には、たまには夢の無い部分をお見せするのも、良いのでは?笑と思い
今回のインテリアトリップ記事に至りました!
どうぞリアルな空間をご覧下さい・・・笑
今回は「パントリー」の内部をご紹介します。
パントリーは、キッチン横にあります収納スペースです。

 

主に食材や調味料、飲み物のストックなどを置いておく、収納スペースで、最近ではキッチン脇などに作る人も増えているかと思います。
我が家もリノベーションの際に強くオススメされ、作りましたが本当にあって良かったと思っています。

さて、内部ですが

 

こちらはキッチン側から見える壁です。

ここはあえて見せる壁として、棚を付けたり、物を置いたりしていません。
コーヒーのペーパーフィルターのストックや、エコバッグに収納したビニール袋などなど。

 

そして、向かって左側の棚。

リノベーションの際に、可動式のガチャ棚を付けてもらったのですが、真っ白の棚がイマイチしっくり来なくて、ニトリで買った棚を使っています!
これがまた丈夫で便利。
棚板もネジで簡単に付けられ、増やしたり、位置を変えたり簡単です。お値段以上!
ここにはドリンク類ストックや、書類系、製菓材料などなど。
IKEAや、ダイソー、セリア、nico andなどのボックスや、ファイルケースなどを使って収納してます。
色味はあえて抑えめで統一。
ベージュやブラックがメインです。
そして向かって右側・・・

 

どうですか?この生活感。
安心して頂けましたでしょうか?笑
こちらは乾物類や調味料ストック、水、お菓子、インスタント食品などなど。
なんでもありのコーナーです。

ダイソーで買ったコンテナ収納が大活躍。
こちら使わない時はペシャンコに折り畳めるのです。
サイズも3つあり、用途に合わせて使い分けてます。

ニトリやダイソー、無印、IKEA、セリアなどはやはり収納用品がかなりポテンシャル高いので、もちろん私も良く買わせて頂いてます!
そして、パントリーの床

 

キッチンと同じ、フロアタイルです。
こちら、最近リノベーション事例などでも使っている方をちらほら見かけます。
もちろん本物のタイルではなく、プリントされているものですが、見た目も可愛く、撥水性あり、陶器やガラス落としても割れにくい・・と水回りやキッチンにオススメです。
パントリーのような、バッグヤード的な場所でもテンション下げたく無いので・・

今回の旅は、リアル過ぎてテンション上がらなかったかもしれませんが笑、安心感はあったかなあ・・と思ってます。
本当に、どこでも、どなたでも手に入るアイテムなので、収納の参考になれば・・と思います。
*今回は旅で登場したアイテムは、IKEA、ニトリ、無印良品、ダイソー、セリア、nico andさんなどで購入したものですので、お問い合わせ先は省略させて頂きます。

 

■過去のインテリアトリップ一覧
http://entrie.net/category/trip/

 

■阿部 梨絵 / Rie Abe


ホームページ http://salongreen.net/
家族とエントリエ /リノベーション事例 http://entrie.net/family/family3/

・子宮美容協会ユニバーサル認定「子宮美容セラピスト」
・発酵マイスター
・子宮ケアごはんインストラクター
・子宮インナービューティーセルフケアエクササイズ ティーチャートレーニングコース終了

ファッションスタイリストとして活動していた中、「女性の本当の美しさは、内からの健康からしか生まれない!」とセラピストへ転進。
都内某マッサージサロン、スパ、エステサロンなどで勤務後、「子宮美容トリートメント」というオリジナルメソッドに基づくトリートメントを学び、子宮から女性の体のあらゆる不調を取り除く「子宮ケア」のプライベートサロンを横浜市都筑区にてオープン。
体のトリートメントをしていく中で、発酵食品が女性ホルモンへ及ぼす影響力を知り、体外側だけでなく、内側からも子宮ケアが可能!と発酵食品作りや通年作れるキムチの教室を主宰。
プライベートサロン兼自宅を2回に渡りエントリエでリノベーションした経緯から、空間が女性の体や心に及ぼす影響も自ら実感。衣食住全ての角度から、女性が幸せになれるアプローチができるサロンにすべく、日々邁進中。