042-356-8988

営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)

清潔で快適なトイレ空間に!素材選びのポイントは? – リノベをマナブ。 #06

リノベーションをしたいけれど、わからないことがたくさん……そんなみなさまに向け、entrieがリノベーションの基礎知識をお伝えするコーナー「リノベをマナブ」。 

リノベをマナブ。 #06
清潔で快適なトイレ空間に! 素材選びのポイントは?

生活スタイルに合わせたアイテム選びで
快適なトイレ空間に

毎日使うトイレ。広さ・使いやすさ・形状・デザイン・機能性……清潔でクリーンな空間にしたいというニーズに合わせ、年々トイレは、高機能化しています。

リノベーションでトイレを快適な空間にするためには、生活スタイルに合わせたアイテム選びが大切です。この記事では、トイレの衛生を保つための工夫や、スペースに応じた便器選び、床や壁の素材選びなど、具体的なポイントを紹介いたします。

最新アイテムを取り入れて、きれいで快適なトイレ空間を実現しましょう。

毎日使うトイレ
タイプ別のメリット・デメリットは?

トイレの種類には、タンクと便座が一体型になっているものや、組み合わせ式、省スペースなタンクレストイレなど、様々なタイプがあります。
快適なトイレ空間にするためには、それぞれのタイプのメリット・デメリットを考慮して選ぶことが重要です。

■便器・タンク・便座が独立した「組み合わせ式タイプ」

<メリット>
・別売りの便座やウォシュレットを取り付けられたり、タンク上部の手洗いの有無も選べるなど、自由度が高い
・故障しても、便座やウォシュレットなどパーツ単位で取り替えることができる

<デメリット>
・一体型よりも形状が複雑なので、掃除がしにくい

■タンクがなくすっきり「タンクレストイレ」

<メリット>
・コンパクトなので限られたスペースでの設置が可能
・タンクがあるトイレに比べ、凸凹や隙間がなくすっきりした形なので、掃除がしやすい
・水圧で流すタイプなので、連続して流せる
・効率よく水を流すので節水になる

<デメリット>
・タンクに貯めず直接水を流すので、水圧が低いと使えない場合がある
・本体に手洗いがついていないので、別で手洗器や洗面の設置が必要
・ウォシュレットと便器部分が一体化しているため、どちらかが壊れると丸ごと修理をしなければならない

■便器・タンク・便座が一体化した「一体型トイレ」

<メリット>
・組み合わせ式タイプのトイレよりも、スリムで省スペース
スタイリッシュなデザインのものが多い
・無駄な隙間がないため掃除がしやすい

<デメリット>
・組み合わせ式タイプに比べ、本体価格が高い
・一体型のため、部分的な故障の際もトイレを丸ごと交換する必要がある
・タンクに水をためて流す仕組みのため、連続して水を流せない

パーツ別・掃除しやすさから考える
最適なトイレ選びのポイントは?

ご家族だけでなく、お客さまが使うこともあるトイレです。清潔さと心地よさを感じる空間を保つため、掃除のしやすさは重要なポイントとなります。

パーツ別に、掃除のしやすさという点で、トイレを選ぶポイントをご紹介します。

■便器

汚れが溜まりにくく掃除しやすいのは、側面がストンと落ちるようにデザインされている便器です。

また、汚れがつきにくい加工が施された素材を選ぶこともオススメ。最近は、従来の陶器に加えて、水アカのつきにくい有機ガラス系の新素材を使った便器など、汚れにくく掃除しやすい工夫が施された便器が増えています。便器の中でも特に掃除しやすいのが、「フローティングデザイン」という、便器が床に接していないタイプ。便器本体もシンプルな形というだけでなく、便器が床に接していないため、床を汚した場合もフラットな床を拭くだけで済みます。

■タンク

タンクレストイレは、凸凹が少ないのでホコリが溜まらず、掃除がしやすいです。

■便座

汚れがつきにくい加工がしてあるものを選びましょう。便座自体を取り外したり移動できるタイプは、掃除がしやすいため、長く清潔に保つことができます。

■壁面・床

トイレで気になるのは、なんといっても「ニオイ」トイレ内は湿度が上がりやすいため、臭いがより強く感じられる場所です。

壁材として、珪藻土やエコカラットなど、消臭や調湿機能を持ったものを選ぶと、気持ちよく使用できる空間になります。
床材は、耐水性だけでなく、アンモニアにも強い床材を選びましょう。

また、クロスの継ぎ目が多いと汚れが溜まりやすいため、できるだけフラットになっている方が、掃除しやすいです。

■手洗い

最近では、手洗いをタンクから独立させ、壁に取り付けるプランが人気です。簡単な工事で手洗いを分けることができる、リノベーション用の便器セットも。

壁材などとコーディネートすることで、ぐっとおしゃれな空間に生まれ変わります。

■その他の便利機能

最近のトイレは多機能になり、節水機能や脱臭機能はあたりまえのこと、流すたびに便器内やノズルを洗浄してくれる自動洗浄機能や、便座・ふたを電動やワンタッチで持ち上げられる製品もあります。

また、多機能リモコンやセンサーによる開閉によって、直接便器に触れずとも清潔に保つ工夫も充実しています。

最新機能を取り入れ
清潔で快適なトイレ空間を実現!

最近のトイレは、便器だけでなく床材や壁紙まで汚れのつきにくい新素材が使われているものが増え、掃除の手間も格段にラクになっています。また洗浄の水量も大幅に減っているため、節水効果が高いこともメリットのひとつ。

エントリエのプランナーにご相談いただければ、お客さまのご要望をじっくり伺い、最適なトイレをご提案いたします!

※この記事は、グループ会社であるリフォームプライスの「トイレリフォーム」が元となっています

 

*entrieの公式Instagramでは施工事例を掲載しています*

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ