営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

営業時間 : 10:00 - 18:00 (水曜定休)

  • Instagram
  • Youtube

水彩画アーティスト エリカ・ワード – 愛しいものたち

ひとの手で、丁寧に、ひとつずつつくられていくものたち。工場で大量に製造されたモノにはない独特のオーラやぬくもりが、私たちの暮らしに彩りや安らぎを与えてくれます。
エントリエでは、
こだわりをもった手仕事作家さんに注目。ものづくりや作品への想いをお訊きします。

水彩画アーティスト エリカ・ワード 》

緻密な人物画に織り込まれた
日本の日常風景

カリフォルニアに住んでいた子どもの頃から、ずっと描き続けてきたイラスト。2016年に東京へ移り住み、イラストレーターとしての活動を本格的にはじめました。

作品に影響しているのは、和柄や着物、浮世絵など、ずっと興味があった日本のデザイン文化。

そして東京のまちの風景からも強い影響を受けています。

直線で構成された人工的な風景や、標識、線路という東京のまちならではのデザインも、現代の「和柄」ではないかと私は考えています。

東京のまちは、他のどこにも見られない複雑さと繊細さが印象的。ごちゃごちゃしていながらも、建物は隙間なく、それぞれのスペースにきちんと入っています。

ずっと見ていても飽きない東京の風景は、子どもの時に絵本を見ているような気持ちと重なり、私をワクワクさせます。

現実と想像、和と洋……
アートで「交差」させる

私は、イラストのなかで「交差」を表現しています。
「現実とファンタジー」、「見慣れたものとそうでないもの」、「和と洋」、そして「アイデンティティの交差」。

日本に住んでいる外国人として見た日本社会は、「内と外」を分けがち。そんな中、私はずっと居場所を探し続けています。
アートの世界では、境界線を作る必要はなく、「現実と想像」の間、「内と外」の間に存在するスペースを表現することができます。

作品を見てもらった方にも、この「間」の世界を見つけてもらい、誰もが歓迎される場所だと感じていただけたら嬉しいです。

日本人と東京に住む外国人が交流できる場に

現在は、一年に1〜2回の個展を行い、毎回異なるテーマに合わせてシリーズを描くことにしています。

一年に描く作品は、10〜20点ほど。

1枚の絵にかける時間は、数枚の絵を同時に少しずつ描き進め何週間もかかることもあれば、アイディアがはっきりしている場合は、数日で完成することもあります。

ただ、実際に描く時間よりは、アイディアを心で温める時間が長いことが多いです。
そんな時間を含めると、一枚の作品にかける時間はとても長くなるかもしれません。

水彩絵の具は、乾くと色が微妙に変化します。
自分が想像していなかった変化を楽しめるのは、特に人物の顔を描く時。乾かしている間に、描いている途中とは少し違う表情が出てくるからです。

これからも、東京で個展など作品展示を続けて、よりたくさんの人に、私の作品の世界に浸っていただけたらと思います。そして、私の作品が、日本人と東京に住む外国人が交流できる場になれば嬉しいです。

水彩画アーティスト / エリカ・ワード
【 Webサイト】http://ericawardart.com/
【Twitter】https://twitter.com/ericaeward
【Instagram】https://www.instagram.com/erica.ward.illustration/
【Facebook】https://www.facebook.com/ericawardart/

 

entrie公式LINE@
下記のボタンから、「友だち追加」毎日更新中のLIFE STYLE MAGAZINE entrieやイベント情報を配信中♩
※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

友だち追加

あなたのこだわりを刺激する、LIFE STYLE MAGAZINE entrie

entrie -エントリエ- では、みなさまの暮らしがより豊かなものになるように願い、
定期的な読み物を「ライフスタイルマガジン エントリエ」として発信中です

お客さまやマガジンを通して出会った繋がりのひとつひとつを大切に
リノベーションのことをはじめ、毎日の暮らしが楽しくなる記事をお届けしております。

資料請求・お問い合わせ